夜中の一時半

9 の用例 (0.00 秒)
  • 週末の夜でも夜中の一時半をすぎると人どおりはほとんどなかった。 石田衣良『電子の星 池袋ウエストゲートパーク4』より引用
  • 海の上の日本時間だったら、すでに夜中の一時半である。 賀東招二『フルメタル・パニック!03 揺れるイントゥ・ザ・ブルー』より引用
  • 夜中の一時半ごろやってきて、六時に出て行きます。 シムノン/長島良三訳『メグレ警視のクリスマス』より引用
  • ゴロン氏はうなずいて、 「一週前、夜中の一時半に」と、つづけていった。 カー/宇野利泰訳『皇帝の嗅ぎ煙草入れ』より引用
  • なにしろ、夜中の一時半ごろですから、誰もその辺をうろついている者がなかったのです。 松本清張『高台の家』より引用
  • さすがに土曜日の夜で、夜中の一時半近くでもファミレスのテーブルは半分以上埋まっていた。 石田衣良『反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク5』より引用
  • 岩瀬の死体が発見されたのは翌朝ですが、死体解剖でもわかる通り、彼の死は、その夜中の一時半ごろでした。 松本清張『高台の家』より引用
  • 夜中の一時半に武藤中佐が持ってきた声明文は、「要するに軍部は悪くない、政治が悪い、庶政の改革をしろ、政党は出直せ、反乱は已むを得んという趣旨」の勝手放題を羅列したものだった。 勝田龍夫『重臣たちの昭和史 上』より引用
  • 夜中の一時半に? 椹野道流『鬼籍通覧5 禅定の弓』より引用