夜中の一時

103 の用例 (0.00 秒)
  • 死亡推定時刻として、夜中の一時から三時頃という範囲が示されていた。 森博嗣『四季 1 春』より引用
  • 夜中の一時近くなって、やっと眠気のをつかんだような気がした。 中島らも『今夜、すべてのバーで』より引用
  • 夜中の一時ならまだやつの営業時間は二時間は残っているだろう。 石田衣良『反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク5』より引用
  • 二時に出発するので、夜中の一時に起きなければならない時も二度ありました。 モーツァルト/服部龍太郎訳『モーツァルトの手紙』より引用
  • 夜は夜中の一時から二時頃に開き、次の日の昼までやっている。 南條竹則『酒仙』より引用
  • すると、男は夜中の一時ちょっと前に、仕事仲間と思われる男と店から出てきた。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 マフィアの棲む街』より引用
  • また、夜中の一時二時頃、誰からともなく、あたしに電話がかかってきました。 豊島与志雄『千代次の驚き』より引用
  • その下で母は夜中の一時でも二時でも仕事をした。 松本清張『火神被殺』より引用
  • 劇場一棟だけ焼いて、この火事が鎮火したのはやっと夜中の一時ごろ。 横溝正史『悪魔の設計図』より引用
  • 彼女をモデルにするときには、発電機と七つのライトを用意して夜中の一時に宿を出発した。 小堺昭三『カメラマンたちの昭和史(1)』より引用
  • メモにあった住所までやっと行き着いたのは、もう夜中の一時ごろだった。 赤川次郎『家族カタログ』より引用
  • 枕もとの弱いスタンドの光で、時計を見ると、夜中の一時を少し回っている。 赤川次郎『消えた男の日記』より引用
  • そして大阪で予定していた最後の仕事だったテレビの生放送が終ったのは、夜中の一時でした。 安部譲二『賞ナシ罰アリ猫もいる』より引用
  • ま夜中の一時ごろか、水平線の一ところ、雲が、ぽっと赤いのを見つけた。 須川邦彦『無人島に生きる十六人』より引用
  • まもなく夜中の一時十分になろうとしていた。 吉村達也『ケータイ』より引用
  • その客は夜中の一時に無線でタクシーを呼んだ。 山際淳司『ダブルボギークラブへようこそ』より引用
  • 昨夜は十一時に蛍と部屋へ戻って、夜中の一時過ぎまであれこれ話し合った。 高橋克彦『即身仏(ミイラ)の殺人』より引用
  • その夜は仲の良い大学時代の友人とすっかり盛り上がってしまい、自宅に戻ったのは夜中の一時を回っていた。 吉村達也『ワンナイトミステリー3 「香港の魔宮」』より引用
  • 魔法省で、夜中の一時に、いったい何をしていたのかしら? ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05a ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上)』より引用
  • 夜中の一時をすぎると、さすがに眠くて、女は椅子にもたれたまま居眠りをした。 林真理子『短篇集 少々官能的に』より引用
  • 次へ »

夜中の一時 の使われ方