夜中に起き

61 の用例 (0.00 秒)
  • 夜9時頃に寝て、夜中に起きて朝まで勉強するという生活を送っていた。
  • 食堂は二十四時間開いていて、夜中に起きて昼間眠る事だってできます。 赤川次郎『マリオネットの罠』より引用
  • 伯爵さまは夜中に起きて、重曹じゅうそうをお飲みにならざるをえませんでした。 シムノン/長島良三訳『メグレと老外交官の死』より引用
  • 刑事さんの奥さん、夜中に起きて少女の格好をして遊んでいますから。 吉村達也『踊る少女』より引用
  • 僕もここんとこ眠れなくてですね、一度眠っても夜中に起きちゃうんですよ。 内田春菊『ぬけぬけと男でいよう』より引用
  • 彼女は夜中に起きて、私の眠っている間にわたしの子とその死んだ子を取りかえました。 酒井傳六『古代女王ものがたり』より引用
  • ローズ・リタが夜中に起きてやったたちの悪い冗談かもしれない。 ベレアーズ『(ルイスと魔法使い協会2)闇にひそむ影(TXT)』より引用
  • 味噌汁だけではなく当然酒なども飲み夜中に起きて手洗いに行く。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • 夜中に起きたらみんな口をあけて生きていた。 石垣りん『ユーモアの鎖国』より引用
  • もちろん、夜中に起きているところを見られるかもしれないし、朝早く出て行けば知られないわけがない。 赤川次郎『幽霊愛好会』より引用
  • 子供たちがときどき夜中に起きてやってきて、お父さんはどうしてそんなところで寝ているのと訊いた。 村上春樹『国境の南、太陽の西』より引用
  • 今再びこうして夜中に起きている姉をみていると、あのころの夜更かしと少し違ってみえる。 長嶋有『タンノイのエジンバラ』より引用
  • いや、ずっと夜中に起きていればよかったんだけど。 西野かつみ『かのこん 第04巻 ~オトメたちのヒミツ~』より引用
  • 夏のことではありましたが、夜中に起き上って水を浴びるのは、難儀なことに違いありません。 豊島与志雄『霊感』より引用
  • 兄はよく夜中に起きて勉強しますの。 横溝正史『金田一耕助ファイル15 悪魔の寵児』より引用
  • あなたが夜中に起きてかけてくれれば、それですむことなんだ。 藤本ひとみ『華麗なるオデパン』より引用
  • 連中はシュラフザックを持ってきていましたが、それでも寒く夜中に起きて火をたいたりしたと言っていました。 加藤文太郎『単独行』より引用
  • 夜中に起きたら隣に兄がいなくて、怖くなったのだ。 野沢尚『龍時(リュウジ)02―03』より引用
  • 耕介が夜中に起きて看病していてくれるのだなと思ったまま、良一はふたたび眠りに落ちこんでいた。 三浦綾子『ひつじが丘』より引用
  • 夜中に起きてトイレにいくと、遠くの方で歓声と地鳴りのようなざわめきが聞こえてきた。 長嶋有『タンノイのエジンバラ』より引用
  • 次へ »

夜中に起き の使われ方