夜中に目

96 の用例 (0.00 秒)
  • 夜中に目が覚めたとき、俺は、自分が病院のベッドにいるんだと思った。 川島誠『NR(ノーリターン)』より引用
  • ある晩、夜中に目をさましてみると、寝ているはずの母の姿がなかった。 相沢忠洋『「岩宿」の発見 幻の旧石器をもとめて』より引用
  • あの夜、たまたま夜中に目がさめたのは虫の知らせだったのだろうか。 吉村達也『逆密室殺人事件』より引用
  • 夜中に目が覚めると、隣におっ母がいないことが度々あるようになった。 岩井志麻子『夜啼きの森』より引用
  • 夜中に目をさましたら父と母とが、今までなかったほど激しく争っている。 阿刀田高『時のカフェテラス』より引用
  • 私も昨日夜中に目を覚まして、変身術のノートのおさらいを始めたのよ。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 01 ハリー・ポッターと賢者の石』より引用
  • 夜中に目が覚めてひとりでいたら、だれだって気分が沈みこんでしまうわ。 ハインライン『愛に時間を1』より引用
  • 一夜夜中に目がさめたら山はしんとして月の光が竈の所にさし込んでいた。 寺田寅彦『花物語』より引用
  • 夜中に目が覚めたのは、夢の中で何かさけんだようだったからだ。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第10巻 ロンドン橋に星は灯る』より引用
  • 誰かに名前を呼ばれたような気がして夜中に目が覚めた。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その2』より引用
  • この頃は暑さで夜中に目をさまし、又あまりよく眠れないくらいです。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 夜中に目がさめて電燈が消えていると、死んだのか、と慌てる始末であった。 坂口安吾『青鬼の褌を洗う女』より引用
  • 朝も昼も夜も、夜中に目がさめると手を動かしていました。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(上)』より引用
  • 或る夜、私は夜中に目を覚まし、隣の部屋かられて来る話声にふと気を取られた。 福永武彦『忘却の河』より引用
  • が、夜中に目がさめて、実に、何とも云いようのないことを発見した。 宮本百合子『日記』より引用
  • 女が夜中に目をさます危険があれば、睡眠薬でものませておけばいい。 峰隆一郎『殺人急行北の逆転240秒』より引用
  • 日本男は事後に腕枕をしてくれても、夜中に目が覚めると背を向けて寝ていたりする。 岩井志麻子『恋愛詐欺師』より引用
  • 夜中に目が醒めると娘はこの言葉をよくささやくのだという。
  • ある夜、恐怖のために夜中に目を覚ました寿々子は、決心してくちびるに神経を集中してみた。 小池真理子『仮面のマドンナ』より引用
  • 夜中に目が醒めると、僕は枕をかかえて父母の部屋に入っていった。 李成『砧をうつ女』より引用
  • 次へ »