夜中に家

31 の用例 (0.00 秒)
  • 夜中に家を出て行っても、三時過ぎには戻っていることが多かった。 小池真理子『雪ひらく』より引用
  • 小説を書いて暮すようになってから、よく夜中に家の近所を歩きまわっている。 半村良『となりの宇宙人』より引用
  • お銀様がこの夜中に家を脱け出したのは、あまりと言えば無謀です。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 夜中に家のまわりによく足音がして、おちおち眠られもしないことがあってよ。 豊島与志雄『黒点』より引用
  • 祖父はますますおかしくなって、夜中に家を徘徊するようになった。 神林長平『七胴落とし』より引用
  • あるとき、漁師が海に流されて死に、その夜中に家の大戸を叩く音がした。
  • 夜中に家の二階へ泥棒みたいに忍んで来て、私のベッドへもぐり込んで来たくせに! 赤川次郎『幽霊記念日』より引用
  • ある人が市にいって、夜中に家に帰るところだった。 日本民話の会編訳『世界昔ばなし(下) アジア・アフリカ・アメリカ』より引用
  • 家が近いこともあり、時々夜中に家を脱け出し、電気店の二階にある彼の部屋で酒盛りをしていた。 大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン グミ編』より引用
  • 夜中に家に戻って来たママは、ベッドに横になっているわたしの枕元で、いつも夢中になってその人の話をした。 大石圭『檻の中の少女』より引用
  • 夜中に家にかぎを閉めて、大きな棒を持ち出して身体をガンガンと打ちすえるのだ。 呉善花『スカートの風』より引用
  • 小さい時に可愛がってよく家の中に入れたことがあったために、その頃の癖がいつまでも残って、ポチは夜中に家の中に忍び込んで眠ることがあったのである。 柏原兵三『徳山道助の帰郷』より引用
  • それで夜中に家を出ました。 赤川次郎『血とバラ 懐かしの名画ミステリー』より引用
  • どこの世界に夜中に家を抜け出し、自己流うし刻参こくまいりで兄をのろう妹がいるというんだ。 竹宮ゆゆこ『わたしたちの田村くん 第02巻』より引用
  • 夜中に家までしかけられて、夜明けまで酒に付き合わされた。 水野良『魔法戦士リウイ 第03巻』より引用
  • 目蒲線を地下に潜らす工事では、夜中に家が揺れた。 吉行淳之介『犬が育てた猫』より引用
  • この逸話が由来となり、「夜中に家に入って、靴下の中にプレゼントを入れる」という。
  • 夜中に家に帰るや、布団ふとんの中にもぐりこんだが眠れない。 長尾三郎『マッキンリーに死す 植村直己の栄光と修羅』より引用
  • 私の家には猫が何匹かおりますが、彼らは、夜中に家の中が真っ暗でも、どこにもぶつかったりせずに駆けずり廻って遊んでいることがあります。 大岡信『名句歌ごよみ[恋]』より引用
  • しょうがないから夜中に家にいった。 小川勝己『葬列』より引用
  • 次へ »