夜中になる

78 の用例 (0.00 秒)
  • ただ夜中になって変てこな物音をたてる生物になってしまったのである。 梶井基次郎『交尾』より引用
  • 二人は枕を並べを交わして寝ましたが、夜中よなかになると再び始めました。 駒田信二『好色の勧め』より引用
  • そして夜中になると、昌代を待ってジリジリと時計ばかり見るのである。 半村良『回転扉』より引用
  • 私がこんな仕事をしているから、どうしても夜中になってしまうし。 東野圭吾『容疑者Xの献身』より引用
  • ほかの番組の台本や企画書も書くのだから、これだけで夜中になってしまう。 小林信彦『怪物がめざめる夜』より引用
  • けれども夜中になると、何んとしても我慢ができないほどひもじくなってきた。 有島武郎『星座』より引用
  • 夜中になって一休みしたくなったら、女三人は隣りの部屋にベッドがある。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • 謎の文字を考えこんでいるうちに時を過して、夜中になってしまったと見える。 坂口安吾『明治開化 安吾捕物』より引用
  • 最初は僅かな人だけだった仲間の消息たずねが、夜中になると急に多くなった。 胡桃沢耕史『黒パン俘虜記』より引用
  • 記念すべき同居生活の一日目だというのに、夜中になってもそこから出て来ない。 内田春菊『犬の方が嫉妬深い』より引用
  • 燦々さんさんと光が射す庭から中に入ると、まるで夜中になったような心地がした。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • もう夜中になっていたが、マンションの前には、数人の男女が飛び出して来ていた。 赤川次郎『哀しい殺し屋の歌』より引用
  • 夜中になって来ると病気の私の身体からだ火照ほてり出し、そして眼がえる。 梶井基次郎『交尾』より引用
  • それ以来、あの部屋に入院した人はさ、夜中になると目が覚めるのよ。 中島らも『今夜、すべてのバーで』より引用
  • 古来より逆柱にされた木は、夜中になると家鳴り等を起こすとも言われていた。
  • 夜中になってくると病気の私の身体はほてりだし、そして眼がさえる。 梶井基次郎『檸檬・城のある町にて』より引用
  • 執筆はどうしても来客が帰り、家人の寝しずまった夜中になってしまう。 星新一『きまぐれ星のメモ』より引用
  • この騒動は夜中になってやっと収まり、母カバはもとのプールに戻った。
  • 夜中になっても人が何時までもそうぞうしく出はいりをしている。 林芙美子『新版 放浪記』より引用
  • 夕食も与えられず、寝棚に横になっていると、夜中になってから佐古田が入ってきた。 山藍紫姫子『堕天使の島』より引用
  • 次へ »