夜の女王

68 の用例 (0.00 秒)
  • 場面が変り、夜の女王と侍女たちを案内してモノスタトスが神殿を襲撃しようとやってくる。
  • 彼女は1811年からヴロツワフで歌っており、モーツァルトの「魔笛」の夜の女王役が特によく知られていた。
  • 夜の女王があでやかに笑う。 福永武彦『夢みる少年の昼と夜』より引用
  • 夜の女王が娘パミーナにナイフを渡して、宿敵ザラストロを殺害するように命じる場面で歌われる。
  • 本作のタイトルはロバート・A・ハインラインのSF小説『月は無慈悲な夜の女王』から取られている。
  • ハインラインの小説には『月は無慈悲な夜の女王』をはじめとして、肯定的な役割を演ずる日本人キャラクターも登場しており、簡単に判断するのは難しい。
  • コンピューターによって作戦を立てられ、操作された惑星衛星間戦争・科学的革命は胸おどるものであり、全体としていえるのは、『月は無慈悲な夜の女王』は、かれのヒューゴー賞を受けた四つの小説のうち最高の作品である。 ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』より引用
  • しかしアメリカにおいては『月は無慈悲な夜の女王』と『異星の客』がクローズアップされることが多く、『夏への扉』は日本での限定的な人気にとどまっている。
  • 当初は、悪役をすることを嫌がって、夜の女王役を演じることを躊躇っていたが、指揮者のロベール・カルソンに説得されて、この役柄は違うのだと考えを改めた。
  • この定理の名称は、ハインラインのSF小説『月は無慈悲な夜の女王』で有名になった格言のに由来する。
  • 今では「夜の女王はこれっきり、ということがずっと続いていきそうです」と言いながら、この役柄を引き受けており、それから何年間も「これで最後の」夜の女王役に取り組んでいる。
  • モーツァルトのオペラ『魔笛』の登場人物、夜の女王の娘パミーナに因んで命名された。
  • そこにモノスタトスがやってきてパミーナを我が物にしたいと狂わしい思いを歌うが、そこに夜の女王が登場し、彼は隠れる。
  • 初期の頃は未来史シリーズなど、科学小説としてのSFを書いていたが次第に社会性を強め、『宇宙の戦士』では軍国主義を賛美する兵士の描写があったことから右翼と呼ばれ、一方の社会主義者の名残が表れている『月は無慈悲な夜の女王』では左翼と呼ばれるなど多彩な顔を持った。
  • デイビッド・エイルワードの長いハインライン論で『月は無慈悲な夜の女王』にふれた部分の重要なところはつぎのとおりだ。 ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』より引用
  • ハインラインの後の作品、例えば『月は無慈悲な夜の女王』は社会主義者あるいはリベラリストの名残も見られ、他にも『異星の客』のような共産主義的な風刺小説を書いたり、『愛に時間を』で国のために戦うのは馬鹿げているかのような発言をするなどした。
  • それなら「魔笛」のザラストロと「夜の女王」との闘争を音楽評論家はどう見るか。 松本清張『過ぎゆく日暦』より引用
  • モノスタトスは今後は夜の女王に寝返るか、とつぶやく。
  • これが使われている曲の中で特に有名なものとしては、モーツァルトの歌劇「魔笛」における第2幕の夜の女王によるアリア『復讐の炎は地獄のように我が心に燃え』がある。
  • 特に夜の女王の2つのアリアは至難なコロラトゥーラの技巧を要求する難曲であり、才能あるソプラノが若いころに歌って注目をあつめることがよくある。
  • 次へ »

夜の女王 の使われ方