夜の女王役

5 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女は1811年からヴロツワフで歌っており、モーツァルトの「魔笛」の夜の女王役が特によく知られていた。
  • 当初は、悪役をすることを嫌がって、夜の女王役を演じることを躊躇っていたが、指揮者のロベール・カルソンに説得されて、この役柄は違うのだと考えを改めた。
  • 今では「夜の女王はこれっきり、ということがずっと続いていきそうです」と言いながら、この役柄を引き受けており、それから何年間も「これで最後の」夜の女王役に取り組んでいる。
  • しかし、その後も演劇では、1979年にエディット・ピアフの生涯を描いた、自作自演となる『愛の讃歌』を初演したり、1980年のTVアニメ「メーテルリンクの青い鳥 チルチルミチルの冒険旅行」では夜の女王役を演じている。
  • オペラでは、「ラ・ボエーム」のムゼッタ役、「偽の女庭師」のサンドリーナ役、「イドメネオ」のイリア役、「魔笛」の夜の女王役、パパゲーナ役、「アルバートヘリング」のシス役、「仮面舞踏会」のオスカル役などを演じる。