夜の女王

68 の用例 (0.00 秒)
  • 夜の女王に勝利した少年達は異界と化した学園を抜け平和な世界に戻るのだった。
  • かくて楽園に入れば、ザラストロの前に夜の女王は敗北し消滅する。 松本清張『過ぎゆく日暦』より引用
  • このオペラが成功するかしないかは、夜の女王の現れ方ひとつで決まるといってもいい。 砂川しげひさ『コテン氏の音楽帖』より引用
  • それで、若者たちの間で夜の女王、という異名をとり、爆発的な人気者になった。 南里征典『田園調布真紅夫人』より引用
  • しかしそこでは夜の女王が、太郎を石に変えようと思って待ち受けているかもしれないのだ。 福永武彦『夢みる少年の昼と夜』より引用
  • その一人であるルチア・ポップに至っては、夜の女王の後で三人の童子の一人を演じた記録が残っている。
  • 例えばモーツァルトの「魔笛」では、夜の女王役にF6が与えられている。
  • あなたが、みんなの前で『夜の女王のアリア』を歌ったとき、信じられなかったわ。 野村美月『文学少女シリーズ04 “文学少女”と穢名の天使』より引用
  • 「魔笛」で聴衆がいちばん注目するのは、夜の女王がどういう演出で現れてくるかということである。 砂川しげひさ『コテン氏の音楽帖』より引用
  • その長さにもかかわらず、『月は無慈悲な夜の女王』は、非常に中身の濃い小説といえる。 ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』より引用
  • それゆえ、いま、わたくしが、この夜の女王のことをお話ししてもおどろかないでほしい。 ヴェルヌ/鈴木力衛訳『月世界旅行』より引用
  • しかし夜の女王はいつ、どこから飛来しても『魔笛』は成り立つ。 五味康祐『西方の音』より引用
  • ドイツ圏のソプラノには、若年期に夜の女王を演じた後、娘のパミーナへ役を転じる例も多い。
  • 「夜の女王」は名はないがゾロアスター教の暗黒神アーリマンを連想させる。 松本清張『過ぎゆく日暦』より引用
  • 途中から善悪交代する夜の女王とザラストロはオペラ・セリア的な役柄である。
  • また、各話タイトルには「月は無慈悲な夜の女王」「夏への扉」など、いくつか著名な小説の名が付けられているものがある。
  • フロンティアにこそ自由があるという結論は『月は無慈悲な夜の女王』や『愛に時間を』と変わらない。
  • 問題は、夜の女王のところ。 砂川しげひさ『コテン氏の音楽帖』より引用
  • 振り向くと、夜の女王がもうすぐそこへ迫って来る。 福永武彦『夢みる少年の昼と夜』より引用
  • これまでの各種の解釈に対して、夜の女王の国と、ザラストロの国とでは善悪見方が相反するもので、全て相対的な世界であるとすれば筋について問題はないと考えられる。
  • 次へ »

夜の女王 の使われ方