夜な夜な出

4 の用例 (0.00 秒)
  • 最もよく知られているのは人を食べることが出来るほどの大きなネズミが宮殿に住み着いているという伝説で、猫、犬、人などを食い殺すため夜な夜な出て歩くと伝えられている。
  • これが、京の藩邸詰なら、弁慶ではないが、夜な夜な出でては、人が斬れそうだ。 直木三十五『南国太平記』より引用
  • その亡霊が夜な夜な出て、あの通りなのです。 根岸鎮衛/志村有弘訳『耳袋の怪』より引用
  • 夜な夜な出でて人を斬ったことですらが、彼は渇して水を求むるのと同じことで、自己の生存上のやむにやまれぬ衝動に動かされたのだという、盲目的の信念に生きているのであった。 中里介山『大菩薩峠』より引用