夜な夜な

全て 副詞
556 の用例 (0.01 秒)
  • 夜な夜なこっそりここに来て、監督生が風呂に入るところを見てるのか? ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04b ハリー・ポッターと炎のゴブレット(下)』より引用
  • 愛を求める2人は、夜な夜なクラブへと出向いては恋人探しをしている。
  • そこでは、夜な夜な幽霊が出るという噂が生徒達の間で話題になっていた。
  • 世間は狭いが夜な夜な宇宙を見ているのだから、いわば宇宙的規模の蛙さ。 森見登美彦『有頂天家族』より引用
  • 女子大生時代、遊び仲間と夜な夜な体験したことがまた始まったのである。 林真理子『野ばら』より引用
  • 亡霊となった彼は夜な夜なその道路を猛スピードでさまよい続けている。
  • 二人の家には、夜な夜なマリーチュカの霊が訪ねて来るようになった。
  • あれはただの夢ではなく、夜な夜なやって来るものなのかもしれない。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第13巻 紅の騎士に願うならば』より引用
  • とても夜な夜な家を脱け出し、周囲の獣を殲滅していたとは思えない。 九里史生『SAO Web 0404 第七章01』より引用
  • のち呉の孫権は張遼の悪夢に夜な夜なうなされる日々を過ごすことになる。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』より引用
  • 夜な夜なそこへ政界の悪魔グループが現われることを知っていたからである。 半村良『獣人伝説』より引用
  • 今もこの島の森の中に住んでいて、夜な夜なこの屋敷で何をやってるのか覗き見しに来るんだろ。 竜騎士07『うみねこのなく頃に Episode 1 The Legend of the Golden Witch [A3879D13]』より引用
  • この石像は夜な夜な寝ずに家とその周りを監視かんししているのだ。 田口仙年堂『吉永さん家のガーゴイル 第01巻』より引用
  • 夜な夜な無数に群をなして草原狼が現われたが、火光に恐れて近寄らない。 国枝史郎『沙漠の古都』より引用
  • その妻「たてゑぼし」は鈴鹿山に住んでいたが、夜な夜な通ってきていた。
  • けれども、夜な夜な二人は、お互いの夢のなかであいびきしました。 淀川長治『続々』より引用
  • 夜な夜なあの斜面を登りここにきては、星を眺めていたのだろう。 沢木冬吾『償いの椅子』より引用
  • この頃から鞠子は、劇団仲間と夜な夜な飲み歩くようになっていた。 吉田修一『パーク・ライフ』より引用
  • さすがにたけき清正も 虎のゆくえの気にかかり なこわきゆめをみき。 竹久夢二『どんたく』より引用
  • なお、この番組も『夜な夜な』と同様に公式サイトは最後まで開設されなかった。
  • 次へ »