夜ぎ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 若だんなは調子が良くなってきていて、夜着の下から友に笑顔を向けた。 ...
  • ここにおいてか主人は今まで頭からかぶっていた夜着を一度にねのけた。 ...
  • その夜、床にはいってから、弟は夜着の中でいつまでも眼をみはっていた。 ...
  • 彼の顏が夜着の襟にかくれて見えないことを彼女はもの足りなく思つた。 ...
  • 浩は夜着をかぶったなかで、オイオイと子供のように声をあげて泣いた。 ...
  • そのうちの一つがバタンと開いて、中から夜着姿の女がゆらりと現れた。 ...
  • 大臣に見られてはじめて顔を夜着の中に隠して紛らわすようにした。 ...
  • 「や」と言うつもりがあるが、顔に夜着がさわって声にはならなかった。 ...
  • そして彼女は左手を胸の上に当て白い夜着の前を抑えていた。 ...
  • そのまた位牌を据えた机の前には娘たちが二人夜着よぎをかぶっていた。 ...
  • 柔らかい白の着物を幾枚も重ねて、夜着を上に掛けているのである。 ...
  • 夜着の上からでしたらあれでよいのではないかとも思うが。 ...
  • 白いきぬの、なよらかにえたのを多く重ねて、その上に夜着をかけている。 ...
  • 夜着よぎのボタンをとめていない彼の姿が目に入ってしまい、急いで目をそらせる。
  • 母は妙の膝から手を下ろして、夜着の中に入れると、独り言のようにいった。
  • 夜着姿の大牙の、その右手に剣が構えられているのが見てとれた。 ...
  • 気がついてみると、自分はちゃんと蒲団の上に夜着をけて寝ていた。 ...