多項式

全て 名詞
1,633 の用例 (0.03 秒)
  • より強い結果が、多項式や代数的数に制限をつけた場合に得られている。
  • 特性多項式の根の数によって、いくつかの場合が区別されねばならない。
  • さらに複雑な母関数で生成する多項式列として、次のようなものがある。
  • 計算論的学習理論では、多項式時間で終了する計算を実現可能とみなす。
  • アレクサンダー多項式は最初に発見されたで、1923年にが発見した。
  • 同様にリュカ数の一般化として得られる多項式列のことはリュカ数と言う。
  • アルゴリズムの計算量が超多項式かつ準指数関数であることもあり得る。
  • は最高次の係数を とする多項式であるため、その有理根は整数となる。
  • 現在 FLINT は多項式の計算や二次ふるい法などを実装している。
  • 例えば、その回数、与えられた多項式方程式は与えられた点で根をもつ。
  • このように、変数を入れ替えても変わらない多項式の事を対称式という。
  • この用語は同様の直交多項式系の生成公式を示す際にも使われる。
  • ずらしルジャンドル多項式の最初の方のいくつかは以下のようになる。
  • 例えばその還元関数が多項式時間や対数領域で計算可能か、などである。
  • 円分多項式の係数の大きさについて知られている最良の結果は次のものである。
  • これを多項式時間に制限すると RLP という別のクラスになる。
  • 例えば二次の多項式 の二つの根は と表すことができる。
  • と約束することにすると、多変数の多項式を簡便に表すことができる。
  • 第二種ディクソン多項式のはじめのいくつかを挙げると、次のようになる。
  • このような基本多項式の列は常にであり、この他の二項型の列は存在しないことが示される。
  • 次へ »