多難を極め

52 の用例 (0.00 秒)
  • 藩政においては天明の大飢饉による被害や大風雨による城壁破損などのため、多難を極めた。
  • 藩政においては隠居していた父・近儔と共同して行なうが、文化8年の百姓一揆、文政元年の銀札崩れなどで藩政は多難を極めた。
  • しかし牛久助郷一揆も起こるなど、藩政は多難を極めた。
  • しかし藩政においては慶安3年9月2日に大風雨で100人以上の死者を出し、延宝3年には年貢を重くしすぎたために百姓によって幕府に訴えられたり、天和元年にも洪水で大被害を受けたりなど、多難を極めている。
  • 西ドイツ国鉄では、戦争で荒廃した鉄道網の復旧を進めるものの、被害はあまりにも甚大で、その前途は多難を極めた。
  • 藩財政再建のため、蝋や和紙の製造・販売を奨励するなどしたが、一方で寛保3年の強風による被害、宝暦元年の大雪被害における救済対応に追われるなど、藩政は多難を極めた。
  • 藩政においては藩札を発行したりすることで財政難を解決しようとしたが、文政6年に大庭郡西原村と勝山領垂水村境争論が起こったりするなど、藩政は多難を極めた。
  • 落雷で和歌山城の天守閣が焼失するなど、治世は多難を極めた。
  • フィリピンの要求額と、日本が提示額の間には数倍の開きがあり、交渉は多難を極めたが、4年越しの地道な交渉により、沈没船の引き揚げその他の役務や生産財の現物供与などを含めることで両国は合意に至った。
  • このため、1729年には49か条にわたる倹約令を出して藩財政再建を目指したが、享保17年には城下にて大火事が起こるなどして大被害を受けるなど、藩政は多難を極め、藩財政も破綻寸前となった。
  • 忠昌の治世は洪水・疫病・地震など何度も災厄に見舞われ、治世は多難を極めたが、忠昌と家臣団は見事な手腕を見せて藩政を安定化させ、それらを乗り切った。
  • 岩槻藩は大岡藩主家時代に藩政が定着し、第3代藩主・大岡忠要の時代に起こった天明の大飢饉で藩内は甚大な被害を受け、その後も天災が相次いで藩政は多難を極め、財政窮乏化も進んだ。
  • しかし、国内の貴族勢力の統制に苦しみ、さらにノルマン人やヴァイキングの侵攻に苦しめられて、その治世は多難を極めた。
  • その後も嘉永7年には安政東海地震が起こるなど、その治世は天災のために多難を極め、財政は天災に対する救済費、対策費から幕府の手伝い普請などで火の車となった。
  • しかしその治世は京都、江戸における藩邸、城下町300軒が火事で焼失するなど多難を極めた。
  • 幕末期には勝山は飢饉などの天災に見舞われて10回にわたる百姓一揆や打ちこわしが発生するなど、藩政は多難を極めた。
  • 忠顕が藩主の頃、小田原では天明の大飢饉や地震による小田原城や城下町の倒壊など、その治世は天災により多難を極めた。
  • 事後処理で不正や失態があり、さらに混乱を招き、市街地では問屋同士の紛争が起こるなど、その藩政においては多難を極めた。
  • また、宗孝が藩主となった翌年には参勤交代に使用される大船・「波奈之丸」の建造費、さらには洪水・飢饉・疫病などの天災が起こり、その治世は多難を極めた。
  • ユスティヌス帝の時代、帝国はアンティオキアの大地震などの災害にみまわれ、対外的にはサーサーン朝ペルシア帝国からの侵攻に遭うなど、その治世は多難を極めた。
  • 次へ »

多難を極め の使われ方