多難を極め

52 の用例 (0.00 秒)
  • また、この頃、岡山藩は大洪水などの天災が発生して多難を極めていた。
  • しかし晩年には二日町騒動、名主騒動などが起こって藩政は多難を極めた。
  • しかしこの頃には七日市藩邸が焼失するなど、治世は多難を極めた。
  • しかしその治世期に凶作が33度にわたって発生するなど、治世は多難を極めた。
  • 藩政においては安永4年に凶作・大飢饉に見舞われるなど、多難を極めた。
  • その後軍用機には機関銃が搭載されて空戦ではライフル銃は使用されなくなった一方、歩兵銃としての半自動小銃の研究は継続されたが、重量の増加や埃や泥に弱いといった欠点、さらに軍隊における半自動小銃の用兵枠も確立していなかったことも重なり、新型銃の開発は多難を極めた。
  • その後は領内で洪水・旱魃が起こるなど治世は多難を極めた。
  • 家督継承後、薩摩藩は大洪水や大火などの災禍が相次ぎ、治世は多難を極めた。
  • 藩政に尽くしたが、弘化4年7月に大水害を受けて藩内が大きな被害を受けるなど、その治世は多難を極めた。
  • 藩主を継いだ年、江戸では元禄地震により藩邸が崩壊し、さらに4年後には、東海地方などに甚大な被害をもたらした宝永地震・宝永大噴火が起こって藩内が大被害を受けるなど、治世は多難を極めた。
  • 高丘の治世は、名君と呼ばれた祖父・高慶時代の末期から始まっていた社会不安などから領民の他国への逃散が相次ぐなど、その治世は多難を極めた。
  • しかしその年に水害が起こったのをはじめ、延宝8年にも大洪水と2度の大火が起こるなど、天災のために治世は多難を極めた。
  • 天保元年に打ちこわし、天保7年には強訴が起こるなど、藩政では多難を極めた。
  • 親明自身は能楽に秀でていたと言われているが、藩政においては百姓の逃散や一揆、打ちこわしが相次ぐなど多難を極めた。
  • 領内では領民による助郷反対一揆などが起こって治世は多難を極めた上、大坂定番を勤めていたときには大坂金庫から金を紛失したために処罰されるという有様であった。
  • ルネサンス最初の建築理論となる『建築論』は、ウィトルウィウスの『建築十書』と、ローマ建築の遺構を調査して書き上げられたものであるが、ウィトルウィウスのラテン語能力の低さと、用いられているギリシャ建築の用語が全く知られていなかったため、『建築について』の理解は多難を極めた。
  • しかし藩政においては江戸の藩邸が焼失し、さらに風水害や火事などの天災によって藩は多難を極め、藩財政は悪化した。
  • 藩政においては窮乏の色が見え始めた藩財政を再建するため、積極的な内治政策に取り組もうとしたが、寛文2年に大地震・大津波が領内を襲って大被害を受け、さらに薩摩藩と領土の境界をめぐって争うなど、治世は多難を極めた。
  • しかし明和6年に佐土原大地震や城下町の大火事、安永7年にも大地震が起こって大被害を受けるなど、藩政は多難を極め、藩財政も悪化した。
  • しかし藩政においては文政3年に水害、翌文政4年には旱魃と、多難を極めた。
  • 次へ »

多難を極め の使われ方