多重指数記法

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • 数学において多重指数記法は、添字記法を順序組を用いて多重化する表記法であり、多変数微分積分学、偏微分方程式論、シュヴァルツ超関数論などの分野において、主に整数冪の冪指数などの添字を多重化した多重指数、多重添字を用いて様々な式の表記を簡潔にする。 ...
  • をシュワルツ超関数の空間、 を 上の緩増加超関数の空間、 を多重指数、 を多重指数記法による微分作用素、 を のフーリエ変換とする。 ...