多重

全て 名詞
2,213 の用例 (0.02 秒)
  • 多重化された各部分はどの時点で見ても全く同じ状態でなければならない。
  • 基本、本放送時には文字多重放送は行わないが、再放送時には実施する。
  • また、日本の見えるラジオなどのFM文字多重放送には対応していない。
  • 共有結合においても結合の多重度に応じて単結合と多重結合が存在する。
  • 純粋な多重継承であれば実装自体も継承されるのでこのようなことはない。
  • それとも、日本人ではまれだと言われている多重人格になったのだろうか? 小林泰三『玩具修理者』より引用
  • 高速多重極法は、の手法に基づいており、とによって最初に導入された。
  • 彼が多重人格になってしまった経緯については特に設定はありません。 平坂読『ホーンテッド! シリーズ作者解説』より引用
  • それに対してデジタル信号を時間的に分割する方式を時分割多重化と言う。
  • 多重整列の際に作成される樹形図は系統樹ではないことに注意が必要である。
  • 市場の商品と同様に、最大の需要のある徳は最多重に生産されるであろう。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • その後この見付かった宣言の集合の中から多重定義の解決が行われる。
  • 複数のクラスを基にしてクラスを継承することを多重継承という。
  • 各機能を処理するため、優先順位つきの時分割多重化処理が行われている。
  • 多重化技術にはいくつかの種類があり、それぞれに様々な派生技術がある。
  • 激しい多重事故が発生するシーンでも、死者が出たという設定はあまりない。
  • かれらの不満が陽炎のように多重の映像を放って音もなくゆらめいた。 光瀬龍『東キャナル文書』より引用
  • その恰幅のよい紳士は咳ばらいをすると多重顎をふるわせ大声を出した。 カー/仁賀克雄訳『死が二人をわかつまで』より引用
  • 多重人格の中で、最も長く表に出て日常生活をこなしている人格のこと。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • 緊張した空気に包まれていた多重一号の車内に、時ならぬ爆笑が起こった。 佐々淳行『東大落城 安田講堂攻防七十二時間』より引用
  • 次へ »