多賀

全て 名詞
1,132 の用例 (0.01 秒)
  • 私はお多賀さんと別れてから、ひどく長いように思われる時間を過した。 豊島与志雄『復讐』より引用
  • また兄は明治から昭和の初めまで活躍した競馬会の重鎮多賀一と伝わる。
  • 音蔵さんが亡くなってからは多賀蔵さんが受け継いで長くやっています。 尾上松緑『松緑芸話』より引用
  • 許可されたため、この年を境に正式の郡として多賀郡が設置された。
  • でも多賀ちゃんは面白い娘です、内へ内へと吸収してゆく性質です。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 多賀ちゃん自身の気持はまさかそれだけではないでしょうけれど。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 一敗で優勝戦線のトップを走る西前頭十二枚目の多賀竜に一差でつけている。 石井代蔵『千代の富士一代』より引用
  • 多賀ちゃんが世話になっていたお医者様二人にもちゃんとお礼いたしましたし。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 近年は目的地を多賀の浜に変更し、距離は約9kmと大幅に短縮された。
  • 延暦4年に東部に多賀郡と階上郡を分けたが、しばらくして元に復した。
  • そう言ってから多賀新一郎は、ちょっと皮肉な微笑を浮かべるのだった。 横溝正史『恐ろしき四月馬鹿』より引用
  • 多賀の使いと申して暮合くれあいにゆけば、御目に懸りたいと言えば座敷でう。 中村彰彦『明治忠臣蔵』より引用
  • 直頼の三木氏の出自は多賀氏とも藤原氏ともいわれはっきりしない。
  • ところが、完成まであと半年という今年の六月、多賀谷は病いに倒れた。 夏樹静子『風の扉』より引用
  • 伊藤多賀之はライブ等でさまざまなキャラクターを演じている。
  • 神亀元年に多賀に城柵が築かれてからは、その地に置かれたと推定される。
  • 丹羽が地図を手渡すと、横からのっぽの多賀村たがむら記者が、声をかけてきた。 畠中恵『アイスクリン強し』より引用
  • また与力大名である岩城・相馬・蘆名・多賀谷の各大名も改易となった。
  • 多賀ちゃんのことは、また勤めたということは知りませんでした。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 多賀とはおそらく、七十日間の閉門を命じられている多賀賢三郎のこと。 中村彰彦『明治忠臣蔵』より引用
  • 次へ »