多田ら

全て 名詞
15 の例文 (0.00 秒)
  • これまでの多田羅の地元への貢献については、文化庁から表彰が贈られている。 ...
  • それからさらに少し南下すると多多良たたら川となり、近くには多田羅というところもある。 ...
  • 地理的なことなどからみてそう考えられるのであるが、いずれにせよ、こちらの多多良川・多多良浜・多田羅などにしても、大内氏が称したその姓の多多良からきたものだったはずである。 ...
  • 一説には、江戸詰であった鈴木伊織という一藩士が多田らへの仕置きに反対し、藩主から処刑中止の許しを得たという。 ...
  • たばこ対策の推進を目的として、平成15年10月22日に多田羅浩三理事長の名で出された。
  • 宝永元年福岡藩の力を借り多田羅村で6万8000人余を動員して宇美川沿いに堤防を築き、新田を開発。 ...
  • 一方瞭司は、取引先とのトラブルを起こした勤務先の多田羅運送を法律の知識を駆使して窮地から救う。 ...
  • 城主・七井綱代は多田羅館に逃亡した。 ...
  • 筑前国糟屋郡多田羅村に生まれる。 ...
  • 物語は、オラシオンを軸として、章ごとに牧場の跡取り渡海博正、馬主で大阪の企業家和具平八郎、その娘久美子、平八郎の秘書多田らの視点で語られていく。 ...
  • 西で上根・芳賀町稲毛田、北で椎谷・文谷・田野辺、東で笹原田・茂木町下菅又・上菅又、南で多田羅・石下・益子町七井・小宅と接する。 ...
  • 日本の人名・姓名に、鑪、多田良、多々羅、多田羅、田多羅、太田良などの変種がある。 ...
  • 約23kmに及ぶ路線だが、途中他の国道・県道と重複する区間が数箇所存在し、おおむね市貝町小貝地区を縦断する黒田 - 杉山 - 市塙、真岡鐵道真岡線と併走する市塙 - 多田羅 - 七井、および七井 - 清水 - 八條の3区間に大分される。 ...
  • 多田羅 譲治は、香川県坂出市出身の政治運動家。 ...