多田

全て 名詞
2,130 の用例 (0.02 秒)
  • 多田吉蔵はその様子ようすにある種の満足感をおばえながら、さらに足を進めた。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第07巻』より引用
  • 一ノ谷の戦いで最も活躍したのは地元の多田行綱であるという説まである。
  • 多田はびっくりしたが、すぐ男の消えたあたりへ行って地面を調べた。 半村良『となりの宇宙人』より引用
  • 上皇方への参加は多田荘の奪回を図ったものであろうと考えられている。
  • 日本の河口慧海や多田等観がチベット仏教を学んだのもこの寺であった。
  • その家は多田家よりも遠方にあり、娘はまだ帰ってないと返事をしてきた。 宮部みゆき『鳩笛草(光文社文庫)』より引用
  • とうとう多田のまわりをひとまわりして、彼の二、三歩前へ姿を現わした。 半村良『となりの宇宙人』より引用
  • 持物など何ひとつ持たないで来たはずの多田の服装も時折かわっていた。 吉田知子『無明長夜』より引用
  • 今日までに多田智満子の作品は英語、スペイン語などに翻訳されている。
  • 男はじっと値踏みするように多田を見ていたが、やがてコクリと頷いた。 半村良『となりの宇宙人』より引用
  • 多田刑事けいじは、居間いまの中を、まるで散歩さんぽでもするように歩きながら言った。 赤川次郎『晴れ、ときどき殺人』より引用
  • しかし、多田マリ子はこの先も警戒しなければならないと門田は思った。 松本清張『黒の回廊』より引用
  • 正男と話すとき、多田は決してレベル・ダウンをしないことにしている。 半村良『となりの宇宙人』より引用
  • ほんとうは、多田さんに気をつけていてくれ、と云いたいところであった。 松本清張『黒の回廊』より引用
  • しばらくして多田がおれがまだ室内に残っていることに気づいた。 石田衣良『少年計数機 池袋ウエストゲートパーク2』より引用
  • 多田はドアの方へと歩いて行き、ドアのノブに手をかけてかえった。 赤川次郎『晴れ、ときどき殺人』より引用
  • 時間に余裕がある多田は、渋谷行きの電車の一番うしろのドアから乗った。 半村良『となりの宇宙人』より引用
  • そういう中で、多田のようなありかたは多少異常なのかも知れない。 半村良『となりの宇宙人』より引用
  • 多田 家を貸すのに、子供がない夫婦つて注文を出すやうなもんでね。 岸田国士『かんしやく玉』より引用
  • 部下の多田刑事であることは開けてみるまでもないことだった。 海野十三『省線電車の射撃手』より引用
  • 次へ »