多方

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 指揮官のみが馬に乗る場合でも、その指揮官が多方に命令を下すために用いる場合は、馬の高速性は有効に機能した。 ...
  • 多方、ある程度の教育を受けた知識階層からも、労働者の現状などを文学で表現しようとするものも現れる。 ...
  • 以降はコント55号としての活動よりも単独での活動に重点を置き、テレビ、ラジオ、映画と多方に渡り活躍。 ...
  • 帝乙といふ語は、尚書にも酒誥・多士・多方の三篇に各々一たび見えてゐる。 ...
  • 内容の豐富なのに驚かれるばかりでなく、取材の多方多面なのも他の説話集の比でない。 ...
  • 両者は、伝統的に西洋の形而上学はある絶対的な一つのものから展開していくツリーのモデルをとってきたと解釈し、それに対抗して、中心も始まりも終わりもなく、多方に錯綜するノマド的なリゾームのモデルを提唱。 ...
  • それから全體の革命の上の考へではありませんけれども、無逸とか君奭とかの諸篇の中にも皆歴史的思想といふべきものは多少現はれて來て居りまして、それから多方、前に申しました立政の諸篇にまで、ますますそれが現はれて居ります。 ...
  • 林立する石塔を、多方から昇る階段がとりかこみ、直立した迷路のようになっているのだ。 ...
  • 人を誤る者は多方にして、功を成す者は一路のみ。 ...
  • でその周公に關係したことと申しますといふと、例へば大誥・康誥・酒誥・召誥・洛誥、之を五誥と申しますが、その五誥であるとか、或はそれに續いてあります所の無逸・君奭・多士・多方・立政、さういふ諸篇は皆周公に關係したものであります。 ...
  • 評定所では時に老中と大目付が加わって重要な案件を扱うが、日ごろは多方に管轄がまたがる厄介な民事訴訟を扱っている。 ...
  • 王柏の説は其の著なる書疑に出で、堯典、皐陶謨、益稷、洪範、多方、立政諸篇に於て、皆其の錯脱に注意し、己が意見を以て更定して居る。 ...
  • 改正鉄道敷設法別表第26号に規定する予定線「山形縣米澤ヨリ福島縣喜多方ニ至ル鐡道」の一部で、日光線・野岩線・会津線と結んで東北地方南部を縦貫する野岩羽線構想の一翼を担うはずであった。 ...
  • 北側では会津線・只見線・磐越西線を経て同表第26号の「山形縣米澤ヨリ福島縣喜多方ニ至ル鐵道」である日中線、南側では日光線を経て同表第35号の「栃木縣鹿沼ヨリ栃木ヲ經テ茨城縣古河ニ至ル鐵道」と結び、山形県米沢市と茨城県古河市を結んで奥羽本線と東北本線とを短絡する野岩羽線構想の一部を形成していた。 ...
  • 天保2年福井藩家老本多方恭の養子となる。 ...