多忙を極める

50 の用例 (0.00 秒)
  • 戴冠式や法律の勉強で多忙を極める中、以前と同じように学校にも通っている。
  • そんな勝手な願望を抱いたのち、多忙を極める日常へ思いをせた。 新津きよみ『招待客』より引用
  • はい、と多少の義務感にも駆られて答えながら、弁護士は数年多忙を極めることになる。 佐藤賢一『王妃の離婚』より引用
  • 事務仕事で多忙を極める間にも種々雑多な出来事が刺史の耳に吹き込まれる。 仁木英之『僕僕先生』より引用
  • また3つの日本艦隊が報告されており、25日は敵艦隊への攻撃で多忙を極めることは予想されていた。
  • 芸術を愛し、多忙を極めるなか美術学校で油絵を学んでいる。
  • 膝の上に乗る歳ではなくなったということもあるし、祖父の地盤を継いだ父が、上院議員として多忙を極めるようになったということもある。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 05 ラプラスの亡霊』より引用
  • それ以来、マスコミでの露出が急激に増え、多忙を極める日々が続いている。
  • ビジネスマンとして多忙を極める中にあっても1年間で青年会議所の多数のプロジェクトを立案・実行にあたる。
  • また、衛星を用いた電波を扱うには専用の陸上無線技術士の免許が必要であり、発放するのは免許を取得した技術者がのみが行える資格であるため技術者の不足している地方局では有資格者が多忙を極めることになる。
  • 月300枚以上の執筆をこなし、多忙を極めると1か月は風呂にも入れなかった。。
  • ほぼ毎日放送されていた歌謡番組は大半が生放送であったため、連日各放送局を掛け持ちで出演するなど多忙を極める。
  • 現役の医師として多忙を極める病院勤務の傍らの執筆活動だから、ただただ驚嘆する他ない。 海堂尊『チーム・バチスタの栄光(下)』より引用
  • 北条コンツェルン後継者こうけいしゃたる彼女の日常は、言うまでもなく多忙たぼうきわめる。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 02』より引用
  • 座談会を終り、速記者が帰った後も、多忙を極める社長たちがなお子供のように頬をあからめて話し続けた。 城山三郎『鼠 ─鈴木商店焼打ち事件─』より引用
  • 多忙を極める国王のために、これまでの審理の経過を説明して、争点を理解させようという、まさに異例の試みだった。 佐藤賢一『王妃の離婚』より引用
  • 俳優の動きに合わせた舞台美術の修正指示他、転換においての段取り、などの確認が終わる頃、会場への輸送、搬出入が可能な道具割りであるか、又設営が時間内で可能であるかなど、道具調べなどの仕事も出てくるため、立ち稽古後半の舞台監督の仕事は非常に多忙を極める。
  • 地球ゴージャス公演中も生放送、その直後劇場に戻って舞台出演と多忙を極めるスケジュールながらも番組を休むことはなかった。
  • 仮眠は勿論、食事も取れないほど多忙を極めるからである。 佐竹一彦『刑事部屋』より引用
  • その後、ゲーム開発や連載などで多忙を極める。
  • 次へ »