多忙を極め

166 の用例 (0.00 秒)
  • 整備員や兵器具は、爆弾の装備や、魚雷諸元の調整で多忙を極めていた。 豊田穣『ミッドウェー戦記』より引用
  • 自著によると多忙を極めたその後の日々から疎遠になり離れたという。
  • 仕事も多忙を極め1970年代前半には、月に15本程度連載を抱えていた。
  • しかしクレムリンは、それに続く党大会の準備で多忙を極めている。 大石英司『B-1爆撃機を追え』より引用
  • 一部では本人が本業で多忙を極めており、新作を執筆できない状態にあるという。
  • 多忙を極めていた梶川にとって瞳との出会いは新鮮なものであった。
  • 氏名千尋うじなちひろは多忙を極めた一日の興奮を快く引いて、我が家の玄関を入った。 森村誠一『棟居刑事 悪の山』より引用
  • そのためにトラペズニコフ、トゥゴロコフの二人の通訳は多忙を極めた。 井上靖『おろしや国酔夢譚』より引用
  • 占領軍が日本民主化に多忙を極めていた時、日本人は必死で飢餓との戦いをくり広げていた。 ドウス昌代『東京ローズ』より引用
  • されど孔明がかく多忙を極めねばならぬ已むを得ざる事情があつた。 桑原隲蔵『支那史上の偉人(孔子と孔明)』より引用
  • 実際にまた、社長はその頃国務大臣のポストにもついており、多忙を極めていた。 塩田丸男『天からやって来た猫』より引用
  • 作曲活動は多忙を極めた教職、音楽管理業務により後回しにならざるを得なかった。
  • 富士山運送はこのところ引っ越しシーズンのせいもあり多忙を極めているのだ。 清水義範『いい奴じゃん』より引用
  • 年度初めということもあって黒雪姫は生徒会関係で多忙を極め、昼休みも時間が取れずに、ようやく今日になって直接話すことができたのだ。 川原礫『アクセル・ワールド 03 -夕闇の略奪者-』より引用
  • 大人たちは、葬儀やそれに伴う様々な用事でひときわ多忙をきわめた。 江川紹子『私たちも不登校だった』より引用
  • ここ何ヵ月か多忙を極めていたため、ダナエがそばにいるだけで満足して、ゆっくり観察したことがなかったのだ。 エディングス『エレニア記6 神々の約束』より引用
  • 新たに勤め始めた研究所で多忙を極め、半年も家に帰っていない父に、アシュレイは溝を感じるようになっていた。
  • それが三交替昼夜ぶっ通しで作業を続けても仕事がさばき切れないほど多忙を極めていた。 中川靖造『海軍技術研究所』より引用
  • 社中諸君が多忙を極めている間に、予一人だけ茫然として少しも仕事が手につかず。 堺利彦『獄中生活』より引用
  • 中泉はそんな情勢の中で多忙を極めながら、陰に陽に「泉」を強力に支援してくれている。 半村良『軍靴の響き』より引用
  • 次へ »