多尾

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • また、多尾連絡船は当初は直通だったが、1906年6月に鞆港を経由する様になった。 ...
  • 元々は玉藻丸は岡山港-高松港間に、児島丸は多尾連絡船に就航していた。 ...
  • この特殊型には腹帯、T字帯、スカルテタス帯、多尾帯がある。 ...
  • 古くは瀬多尾越と呼ばれており、中世にはこの場所に霧島神宮があったが、御鉢の噴火による焼失後の現在は古宮址が残されている。 ...
  • その神仏習合の時代には、参道途中の瀬多尾寺に大日如来が据えられ、霧島山中央六所権現とも言われるようになった。 ...
  • 噴火によってたびたび焼失したため、天暦年間には性空により麓の瀬多尾越に遷される。 ...
  • 龍田越は、現在の龍田神社の南を大和川の北岸に沿い、雁多尾かりんだおを越えて、河内の高井田に出る道です。 ...
  • 当初は高千穂峰と火常峰の中間地点の「瀬多尾」に鎮座していたので、瀬多尾権現とも称され、別当寺を瀬多尾寺と称したと伝わる。 ...
  • しかし、噴火によってたびたび焼失したため、天暦年間には性空により麓の瀬多尾越に遷される。 ...
  • 元の社地の瀬多尾は、火口に近い場所であったため社殿は噴火でたびたび炎上し、延暦7年7月の火常峰の噴火で焼失した。 ...
  • これまでの山陽汽船商社が開設した、多尾連絡船及び、岡山 - 高松間航路を統合し、宇野 - 高松間の航路が開設された。 ...
  • 同年、山陽汽船商社は、のちの宇高連絡船の前身になる多尾連絡船および岡山港-高松港間航路を開設した。
  • left|thumb|古宮址 欽明天皇の御代、慶胤上人という僧侶が高千穂峰と火常峰の間の「瀬多尾」に社殿を造られたのが始まりとされ、一説に欽明天皇元年の創建ともいわれている。 ...
  • その後天慶3年、あるいは村上天皇の御代の天暦4年に性空上人により瀬多尾越に再興されるが、ここもたびたび噴火の巻き添えで炎上し、文暦元年の火常峰の大噴火により社殿、僧坊等がことごとく焼失したため、霧島市田口の待世に「仮宮」を建てて、約250年間祭っていた。 ...
  • 電気工学科から多尾静雄。 ...