多少なりとも気

3 の用例 (0.00 秒)
  • たぶん沖田や斎藤からすれば、二年も同じ釜の飯を食った仲の酒井を斬るのは、多少なりとも気が引けたのだろうと思う。 浅田次郎『壬生義士伝 上』より引用
  • 多少なりとも気が晴れるのなら、恨んでくれていい。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • シャワーだけで済ますより、湯船ゆぶねかった方が、多少なりとも気が休まると思ったからだ。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第02巻』より引用