多客臨時列車

12 の用例 (0.00 秒)
  • 団体臨時列車のほか多客臨時列車及びそれに類似する臨時特急としても活躍した。
  • 日帰りツアーの一種として団体列車として運行されるものと、多客臨時列車として一般客でも利用できるものがある。
  • 多客臨時列車としても活躍したが2001年に廃車された。
  • その後、団体・多客臨時列車に使用されていたが、1999年3月に廃車となった。
  • 毎年8月に開催される足利花火大会の多客臨時列車のうち、一部は当駅を始発・終着としている。
  • 団体臨時列車や多客臨時列車で使用されていたが、2005年1月に団体臨時列車として運転されたのを最後に運用離脱し、同年3月31日付で廃車となった。
  • 以降、団体専用列車のみならず静岡地区を中心とした「ゆうゆう〜」で始まる多客臨時列車としても運用された。
  • 団臨以外にも多客臨時列車にも使用されていたが、2005年1月の団臨を最後に引退、3月31日付で廃車になった。
  • 南武線には2007年に武蔵溝ノ口駅で車両展示を実施した際に初めて入線し、その後団体専用列車として数度入線しているが、多客臨時列車として南武線を走行したのはこれが最初の事例である。
  • 落成後は広島運転所に配置され、1988年7月26日から臨時列車「ブルーライナー」で運行開始し、多客臨時列車や団体臨時列車で運用された。
  • なお、「ユウユウサロン岡山」の多客臨時列車としての運用はこれが最後となり、同車は2011年3月に引退した。
  • 単独で、あるいは「ユーロライナー」と併結して団体列車および「シュプール号」など多客臨時列車で運用された。