多分私

79 の用例 (0.00 秒)
  • 黒人種の若者で、多分私の言葉がわからないのだろうか? ヴェルヌ/大久保和郎訳『悪魔の発明』より引用
  • 実はここに収めた作品を書きながら、これが多分私の最後の短篇集になるだろう、と思っていた。 日野啓三『聖岩 Holy Rock』より引用
  • 彼女は多分私のことを知らない。 今野緒雪『マリア様がみてる 06 ウァレンティーヌスの贈り物(後編)』より引用
  • 食堂業ではなく、外食産業と考えるべきだと話した時、多分私は軽薄であったろう。 辻井喬『いつもと同じ春』より引用
  • これは多分私だけではあるまい。 阿刀田高『まじめ半分』より引用
  • 多分私ほど、仲間を求めている者はいません。 田久保英夫『深い河』より引用
  • この空白の後で銃声がひびき、多分私はそのほうを見たであろう。 中村真一郎『文章読本』より引用
  • それなら多分私は彼等を当木あてぎで塞いでしまって、船を自分の思うままに出来るかも知れない。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『宝島』より引用
  • 多分私は気むずかしい表情をしていたはずである。 半村良『聖母伝説』より引用
  • 指の先をなくしたのを、そのように軽く考えたのは、多分私の神経が躁の状態にあったせいだろう。 半村良『亜空間要塞の逆襲』より引用
  • 多分私は、学芸会向きの子供ではなかったのだろう。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • が多分私の顔にはある名状し難い表情が浮んだに違いない。 豊島与志雄『運命のままに』より引用
  • 多分私は生涯、母の故郷を訪れることはないだろう。 日野啓三『聖岩 Holy Rock』より引用
  • 利尻富士は多分私には無理とあきらめていた山である。 田中澄江『花の百名山』より引用
  • そう思うと、いつになく出発から緊張のしっぱなしで、多分私の顔は引きつっていたのではないだろうか。 植村直己『エベレストを越えて』より引用
  • 私の作品はいくらか諷刺と笑いを持っていたので、多分私の精神に風発する談論を期待していたのであろう。 きだ・みのる『道徳を否む者』より引用
  • 多分私の魂であろう。 大岡昇平『野火』より引用
  • 瞳子さんでも紅薔薇さまロサ・キネンシスでも、まったく知らない誰かでも、多分私の気持ちは変わらないんだ。 今野緒雪『マリア様がみてる 27 あなたを探しに』より引用
  • 多分私はその窓に頭が届かないくらい小さく、見上げるようにして、なにかいっていたに違いない。 大岡昇平『幼年』より引用
  • 多分私は神秘感覚について、生れながらの幽痴であり、幽盲なのであろう。 中野好夫/安野光雅編『悪人礼賛 ―中野好夫エッセイ集』より引用
  • 次へ »