多分私

79 の用例 (0.00 秒)
  • 多分私は四五回しか彼に会っていないだろうと思うが、忘れ難い人物であった。 石川達三『心に残る人々』より引用
  • 何かがすべてそろっていたら、多分私ならそれを全部壊したくなるだろう。 森瑤子『ある日、ある午後』より引用
  • その人々の中で多分私は最初の衝動を抑える力に一番欠けている一人だろう。 ベルナノス『田舎司祭の日記』より引用
  • だからあの人には、多分私たち全員に復讐する権利があるんだわ。 九里史生『SAO Web 外伝05 圏内事件』より引用
  • 多分私の眼の色がこの刺戟しげきのために、すっかり変っていたからであろうと想像する。 柳田国男『山の人生』より引用
  • 多分私は、あの穏やかな顔の下にひそむ神秘を恐れているのかもしれない。 森瑤子『香水物語』より引用
  • 多分私は今後もその花を見にやつて來ることゝ思ひます。 若山牧水『樹木とその葉』より引用
  • この男の口から聞かされた事は無いが、多分私のカンは、はずれていない。 三好十郎『冒した者』より引用
  • 多分私に尋ねられたのが恥しいので、そんな風を装おって居たのかも知れない。 谷崎潤一郎『潤一郎犯罪小説集』より引用
  • 帝大聖書研究会は多分私が留学から帰った年、即ち大正十二年の秋頃から始めたのだと思う。 矢内原忠雄『帝大聖書研究会終講の辞』より引用
  • 多分私に尋ねられたのが耻しいので、そんな風を装っていたのかも知れない。 谷崎潤一郎/種村季弘編『美食倶楽部 谷崎潤一郎大正作品集』より引用
  • 宮尾君の漫画を最初雑誌にのせたのは、多分私だったと思う。 江戸川乱歩/紀田順一郎編『江戸川乱歩随筆選』より引用
  • 多分私が騒ぎすぎたのではあるまいか。 大岡昇平『幼年』より引用
  • あの人は多分私の二倍ぐらいの年齢だ。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • 多分私の家の者にも聞かせまいとの心づかひである。 山崎正和『鴎外 闘う家長』より引用
  • これは多分私が彫刻を全然理解しないためであろう。 寺田寅彦『帝展を見ざるの記』より引用
  • 私の薄情には慣れてゐる母は、多分私のこの態度に不自然さを見なかつただらうと思ふ。 神西清『母たち』より引用
  • ただ冷たかったことしか覚えてはおらぬから多分私が五つぐらいの時だったろう。 永井隆『ロザリオの鎖』より引用
  • 多分私の顔色に驚いたのだろう。 プーシキン/高橋包子訳『スペードの女王・大尉の娘』より引用
  • この痛みも、もう大きいの、参りますならば、多分私、死にましょう。 小泉節子『思い出の記』より引用
  • 次へ »