多分に含ん

46 の用例 (0.00 秒)
  • しかし、どれにもこれにも、発覚の可能性が多分に含まれていた。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編01 本格推理Ⅰ』より引用
  • そもそも交通機関が未発達であり、旅行は冒険・探検要素が多分に含まれたものだった。
  • 冒険的要素を多分に含んだスポーツであり、第一に泳ぎ切る事に意義がある。
  • 作品は社会的メッセージを多分に含むものが多く、一般的な建築写真とは区別されている。
  • 政治的な意図を多分に含んでいた。 阿刀田高『楽しい古事記』より引用
  • そういった外見の要素を多分に含んだ雰囲気が私をしてB型にひきつけさせた。 姫野カオルコ『ガラスの仮面の告白』より引用
  • 長いが、問題を多分に含んでいると思われるので引用する。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • そこには偏見が多分に含まれていたが、彼にとっては偏見も真実の重要な要素のひとつだった。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • 井戸水は塩分を多分にふくんで、顔を洗うと、ちょっと舌が塩っぱかった。 林芙美子『風琴と魚の町』より引用
  • お色気要素を多分に含む内容だが、アダルトゲームではなく年齢制限は設けられていない。
  • 揶揄やゆを多分に含んだ調子で、行動の意味を尋ねてきた。 入間人間『電波女と青春男 第01巻』より引用
  • 彼女の詠嘆は、自由にならない井上に対する偽りのないうらみを多分に含んでいた。 平林たい子『うつむく女』より引用
  • 先ずどこから云っても、通俗小説の二大要素である偶然と感傷性とを多分に含んでいる。 横光利一『純粋小説論』より引用
  • 発言者の主観が多分に含まれるため、現在では政治的、思想的な論争の対象となることがある。
  • そのためサスペンス要素も多分に含まれている。
  • 地理的な冒険だけではなく、不測の事態を前提としたある種の実験には冒険的要素が多分に含まれる。
  • しかし、実験的な要素を多分に含んでおり、毎回の内容は特にこれといって固まってはいない。
  • このような方法で生産された手工業品には、人間的な味わいが多分に含まれていて、芸術味の高いものであった。 中井正一『調査機関』より引用
  • 主人公の家庭環境も逆で、『巨人の星』に対するアンチテーゼが多分に含まれている。
  • 地方の若い人々が「東京に行きたい」と思う心の裡面には、こうした気持ちが多分に含まれているであろう。 夢野久作『東京人の堕落時代』より引用
  • 次へ »

多分に含ん の使われ方