多分そう

94 の用例 (0.01 秒)
  • 多分そうだろうと覚悟していた。 阿刀田高『三角のあたま』より引用
  • 多分そうかもしれないし、そうでないかもしれない。 池田満寿夫『尻出し天使』より引用
  • 多分そうだろうと思っていた。 中村正『元首の謀叛』より引用
  • この山も多分そうなのだろう。 西風隆介『神の系譜Ⅲ 幽霊の国』より引用
  • 軽トラックがない所をみると、多分そうだろう。 岩本隆雄『イーシャの舟』より引用
  • そう聞くと、多分そうだろうと思われて来る。 伊藤整『太平洋戦争日記(二)』より引用
  • 多分そうだろうと思いました。 夢野久作『復讐』より引用
  • 多分そうだろうとぼくは思う。 眉村卓『不定期エスパー4』より引用
  • 面倒になれば自転車だけ送り返せば良いとそんな風に考え、そして多分そうなるだろうと思いながらの出発でもあった。 辻内智貴『セイジ』より引用
  • 多分そうなっちゃうんじゃないかと思ったの、あたしは。 橋本治『その後の仁義なき桃尻娘(桃尻娘2)』より引用
  • 多分そうだったんだよね。 橋本治『帰って来た桃尻娘(桃尻娘3)』より引用
  • 多分そうだろうと思います、だが、ここではまず署長さんの質問からおこたえします。 横溝正史『金田一耕助ファイル02 本陣殺人事件』より引用
  • この男が看護婦に抱いているイメイジがどんなものかは知らぬが、多分そうまともなものではあるまい。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • 遊馬も行馬も当然自分たちの空腹のほうが大問題だと思うのだが、多分そうではないのだろう。 松村栄子『雨にもまけず粗茶一服』より引用
  • 多分そうだろうと思うだけ。 福永武彦『海市』より引用
  • ああ多分そうなんでしょう。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 横溝正史さんの「犬神家の一族」のモチーフも多分そうなのであろう。 平井和正『狼の紋章』より引用
  • 多分そうだったんだろう。 コンラッド/岩清水由美子訳『闇の奥』より引用
  • 多分そうなのであろう。 眉村卓『不定期エスパー4』より引用
  • 私も多分そうだと思う。 阿刀田高『詭弁の話術』より引用
  • 次へ »