多分そう

94 の用例 (0.01 秒)
  • 多分そうだったのだろう、とその最後の夜の黒い谷では、私はそう考えた。 日野啓三『聖岩 Holy Rock』より引用
  • 今となっては僕の命も多分そう長くはないのでしょうけれど。 アレクサンドル・デュマ/横塚光雄訳『黒いチューリップ』より引用
  • 確かかと言われても、多分そうだったかもしれないという程度の目撃状況なのだ。 梶尾真治『精霊探偵』より引用
  • 一族の人々は、ここにはいないけど、多分そう遠くない所にいるわ。 ハドスン/守屋陽一訳『緑の館』より引用
  • その種の知識には明るくないのだが、火鳥がいうのなら多分そうなのだろう、と。 西風隆介『神の系譜Ⅰ 竜の封印』より引用
  • まだしゃべれないから、本人に聞いたわけじゃないけど、多分そうだ。 北川悦吏子『おんぶにだっこ』より引用
  • 多分そう言うであろうと思った通りのことを申し出てきた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇1 警視正天山南路を行く』より引用
  • いや、多分そうだったにちがいないと、わたしは睨んでいるのです。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • 多分たぶんそう言いそうになったんじゃないかな。 沖田雅『先輩とぼく 05』より引用
  • 多分そうつぶやく時、彼女はきっと遠い眼をして、自分の部屋を眺めるのだろう。 森瑤子『ママの恋人』より引用
  • 僕も多分そうだろうとは思っています。 半村良『闇の中の黄金』より引用
  • 多分そうだろうと勝手に想像していた。 阿刀田高『花の図鑑(上)』より引用
  • 多分そうくるだろうと思っていました。 メイスン/守屋陽一訳『矢の家』より引用
  • むしろ数学の問題を共同で解くような冷静さが望ましいし、多分そうなるはずだ。 辻井喬『いつもと同じ春』より引用
  • これはまだ実行はせられぬが、多分そうなる事だろうと思う。 森鴎外『訳本ファウストについて』より引用
  • 論理の一貫性としては当然そうなってしかるべきだが、多分そうはならないだろう。 阿刀田高『三角のあたま』より引用
  • おれを含めたクラス全員が、多分そう考えたとき、教室の前のドアが力なく横に滑った。 菊地秀行『トレジャー・ハンター01 エイリアン秘宝街』より引用
  • 主人は多分そうだろうと答えている。 半村良『魔女伝説』より引用
  • たとえば遊星状星雲の場合には多分そうであろうと思われる。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • あなたなら多分そうなるだろうが、ただし最初から快感を得るのはまず無理だと思ってもらいたい。 倉橋由美子『アマノン国往還記』より引用
  • 次へ »