多分この

206 の用例 (0.00 秒)
  • 町の総合病院の担当医は多分この症例の経験はないんじゃないかと思うの。 南木佳士『阿弥陀堂だより』より引用
  • 多分このひとは女としての魅力をいっぱいもっているにちがいない。 田中澄江『なぜ愛なのか 十三の報告から』より引用
  • 多分この局もまっすぐ来ていようから、ヤミで張っている可能性が強い。 阿佐田哲也『ヤバ市ヤバ町雀鬼伝1』より引用
  • 怖い夢も見ないで、多分この世界に来て初めて本当にぐっすり寝ました。 九里史生『SAO Web 01』より引用
  • これは多分この一五五五年の九月頃のことであったろうと思われる。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • 多分この時点では川路の存在は西郷、大久保より上だった可能性がある。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • 世間一般の人々が私の名前を知ったのは、多分この時がはじめてであったと思う。 湯川秀樹『この地球に生れあわせて』より引用
  • 多分この伝説はその部分がそれぞれ違った人々によってでき上ったものらしく思われる。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 黒と黄の毒々しい縞模様しまもようは、多分この辺りに多いギフチョウなのだろう。 半村良『わがふるさとは黄泉の国』より引用
  • これは多分この日の昼コエリョを船中に訪問したときの話であらう。 坂口安吾『イノチガケ』より引用
  • 多分このまま後ろを向いて歩き出すのが一番良いだろう。 奈須きのこ『歌月十夜 11 黎明』より引用
  • そして、多分この事はこれだけで片がつかないだろうと、いうこともわかった。 葉山嘉樹『海に生くる人々』より引用
  • 多分この夫が時々見せる非世間的な、突飛な行動にも妻は慣れていたのであろう。 大佛次郎『赤穂浪士(下) 〓あり』より引用
  • 元の世界に行っても多分この写真は変わらないだろう。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 多分この講釈は柔術の先生に聞いた事をそのまま繰り返したものかと思われた。 森鴎外『雁』より引用
  • 多分この少女もまた、わたしの中に、何か自分と似たものを感じたにちがいない。 三浦綾子『塩狩峠 道ありき』より引用
  • 多分この岩の上へ突き落されて、脳震盪のうしんとうおこして死んだのではあるまいか。 岡本綺堂『飛騨の怪談』より引用
  • というのは多分この日から、新たにをはく者ということであったかと思う。 柳田国男『こども風土記』より引用
  • ホロが泣いたか泣かなかったかは、多分この先ずっと喧嘩けんかの種になるだろう。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅢ Side ColorsⅢ』より引用
  • 多分この三年間、彼女にもいろいろなことがあったのだろう。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 次へ »