多丸圭一

18 の用例 (0.01 秒)
  • 運転席ではその兄、多丸圭一けいいちさんがこれまた人のよい顔で俺に目でうなずきかけていた。 谷川流『涼宮ハルヒの陰謀』より引用
  • どう見ても普通のオッサン、多丸圭一さんは夏と変わらぬ人のよさそうな笑顔だった。 谷川流『涼宮ハルヒの動揺』より引用
  • パトカーに乗っていた警察官姿の多丸圭一・裕兄弟は、あの人たちは本物なのか。 谷川流『涼宮ハルヒの陰謀』より引用
  • これが多丸圭一氏の弟であるらしい。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • 簡単に説明すると、俺たちが宿泊しゅくはくする部屋はすべて二階にあり、多丸圭一さんの寝室しんしつと裕さんが寝起ねおきする客間は三階である。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • 古泉がうなずきかけたのは、多丸圭一さんへであった。 谷川流『涼宮ハルヒの動揺』より引用
  • と多丸圭一氏は笑顔えがおけ負ってくれる。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • その多丸圭一氏というのがこんな僻地へきち別荘べっそうを建て、夏の仮住まいとしている酔狂すいきょうな人物であるとは聞かされていた。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • 多丸圭一、裕さんの兄弟はまだ来ていない。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • 多丸圭一氏殺傷事件に何らかの動揺どうようを感じているのだとしても、彼女のおだやかな顔からはプロフェッショナルなまでに覆いかくされていた。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • 多丸圭一氏の印象を、ハルヒはこう語った。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • 多丸圭一氏も裕さんも、新川・森の使用人さんコンビも古泉の知り合いにしては普通の人間に見える。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • 残すは、真打のやかたの主人、多丸圭一氏その人だけだ。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • 多丸圭一たまるけいいち氏だった。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • 多丸圭一さんは微笑ほほえましくうなずいた。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • 多丸圭一さんと言うらしい何成金か何長者かは知らないが、その普通のオッサンはゴルフシャツにカーゴパンツというさばけた恰好かっこうで、俺たちをむかえ入れるように片手を広げた。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • 別荘べっそうを提供してくれた鶴屋さん、死体役となってくれた多丸圭一さん、ミスディレクションのためだけにキャスティングしてしまった裕さん、そして色々お世話になった新川さんと森さんには特にお礼申し上げます。 谷川流『涼宮ハルヒの動揺』より引用
  • ちょいと確認かくにんしておくと、今回の登場人物は俺、ハルヒ、長門、朝比奈さん、古泉、鶴屋さん、妹、三毛猫みけねこシャミセン、森さん、新川あらかわさん、そして今日になってから来るはずの多丸圭一たまるけいいちさんとゆたかさん兄弟だ。 谷川流『涼宮ハルヒの動揺』より引用