多に

全て 副詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 自己は綜合的統一である、一における多であり、多における一である。 ...
  • もっともここにいう「一」は多に対する一とか、二になる一とかいう意味の一ではない。 ...
  • 多に交わらずしては真の美は存在しがたい。 ...
  • 戦闘上昇限度は一万七千てとこだし、実用限界に挑む飛行なんて減多にないでしょ。 ...
  • 張るとは漸々に無よりして有にき、少よりして多に之く場合を言ふのであるから、假令たとひ微少づゝにせよ、精神の力の増加し行く場合は即ち張る氣の現ずるのである。 ...
  • このときに加治木氏は加治木城に立てこもったが、ついに敗れ、阿多に異動させられた。 ...
  • 一人旅に慣れていて、なおかつ多人数向けの料理を頻繁ひんぱんにする、なんてことは減多めったにない。 ...
  • このため、終着駅としてのメリットを失いたくない加世田の住民による反対と、分岐駅にすることで将来の駅廃止を確実に阻止したい阿多の住民の誘致があいまって、知覧線の分岐駅が阿多になったとされる。 ...
  • その後も領地を大幅に縮小したものの引き続き肝付氏はこの地の領主を務めたが、天正8年に肝付氏は阿多に移封され、高山城は廃城となった。 ...
  • 農家では、現金をかせぐ機会なんて減多にないから、その話に興味をもって、ありったけの種類の銭コをひろげて見せる。 ...
  • また、紀州藩主だった徳川吉宗が将軍になり、紀州商人の江戸進出があったことも大きく、2艘の網船が沖合いで左右に別れて投網し、浜辺に引き上げて漁獲する大地曳網は、多に例を見ない壮大なものだった。 ...
  • 流るる勢は甚多いとさわに、熱きことほかの湯にことなれり。 ...
  • 翌1496年島津忠昌は加治木久平を平定し、加治木氏は阿多に移されて加治木氏の加治木支配が終焉した。 ...
  • 荒ぶる神いとさはにあり。
  • 時に浜浦の上に、多に海苔を乾す。 ...