多く

全て 名詞 形容詞
262,345 の用例 (0.02 秒)
  • 恒星中に最も多く現われる物質を列挙してみると次のようなものである。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 女性は多くを失ったとしても、体力に失ったほどには脳力に失っていない。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用
  • 多くは風景のようなものがうつっていたが、部屋の中の写真もあった。 海野十三『二、〇〇〇年戦争』より引用
  • そして教会の中に強さが生み出した真の生命の多くを尊く拾い上げたい。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用
  • 葉子がより多く氏を理解して来たと自信を持ち出した頃のものだった。 岡本かの子『鶴は病みき』より引用
  • その時代に於ては十六も年の違う夫婦は余り多くは見当らなかった。 岡本綺堂『黄八丈の小袖』より引用
  • 実際、Bの地下では、多くて十人、普通は五人といったところだったか。 秋野平『ロック、70年代—復刻CDに時代を聴く』より引用
  • あの狭い土地に多数の強力な民族が密集して多くの国家を営んでいる。 石原莞爾『最終戦争論』より引用
  • これは、すべて都会に住む人々の多くがそうであると思われるのです。 小川未明『街を行くまゝに感ず』より引用
  • この冬は雪がたいへん多くて、もう四回も雪ろしをしたそうである。 丘丘十郎『雪魔』より引用
  • 残る下歯六枚については、あまり多くの思い出を作りたくないものである。 岡本綺堂『はなしの話』より引用
  • みんなそうだというんじゃないけれど、多くのかたがそうなんです。 原田義人『城』より引用
  • それというのも、そこにいる多くの者は彼の親切な心に感じていたのである。 ドイル・アーサー・コナン『世界怪談名作集』より引用
  • こうして多くの星へ動物や植物が移植されてゆくのだということが書いてある。 海野十三『地球盗難』より引用
  • こうした類の怪談は江戸時代の山の手には多く伝えられていたらしい。 岡本綺堂『妖婆』より引用
  • 多くの人はそうあるべき事のように考えているように見える。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用
  • 多くの観客はもう全然見物していないで、両眼を閉じて砂のなかに寝ていました。 原田義人『流刑地で』より引用
  • その事実の前にも彼女はまた、考へなければならない多くの事があつたのだ。 伊藤野枝『惑ひ』より引用
  • 然し私は、何故か多くの友の如く恋といふものを親しく味つた事がない。 石川啄木『二筋の血』より引用
  • この輪がこの遊星に、反射された光ではあるが、多くの光を供給する。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 次へ »

多く で始まる単語