多く用いられており

18 の用例 (0.00 秒)
  • 通仮字は中国語の古典で多く用いられており、古典を読むには通仮字の知識を必要とする。
  • また画面奥の遠景に描かれた様子がその後のステージの流れを予告しているといった、従来のゲームには見られなかった映画的な演出手法が多く用いられており、発売当時から高く評価されていた。
  • 医療分野にも多く用いられており、人工血管や歯科における骨増生のためのメンブレンなどに使用されている。
  • 本書の特徴として木版画の図が多く用いられており、これらの図は現在でも、これら悪魔学を解説する本などで頻繁に引用される。
  • 大衆の間では、第一次案に採用されなかった簡体字や第一次案の簡化法を応用して新しく作られた簡体字が多く用いられており、文字改革委員会は1960年以降これらの字を収集し続けていた。
  • 本書の特徴として銅版画の図が多く用いられており、これらの図、特に宗教裁判における拷問の様子などを記したものは現在でも、これら悪魔学や宗教裁判を解説する本などで頻繁に引用される。
  • 制御部のオペレーティングシステムには、Windows系が最も多く用いられており、デファクトスタンダードとなっている。
  • NScripterのような他の有名なビジュアルノベルエンジンとは異なり、Ren'Pyは英語圏で多く用いられており、300以上のゲームが英語で製作されている。
  • タップは、高速度工具鋼が多く用いられており低合金の工具鋼の需要は減少傾向にある。
  • なお、ロンドンでは都心部で鉄道を通すのに掘割が多く用いられており、英語では「shallow trench」などと表現される。
  • 現在はキャブオーバータイプのバンが主流となっているが、かつてはトヨタ・クラウン、日産・セドリックの2BOXタイプのバンベースも多く用いられており、現在でも地方の警察署ではセドリックバンやリベロカーゴなどの事故処理車が使用されているところもある。
  • しかし、漱石が生きた時代は現在では使われない当て字が多く用いられており、たとえば「バケツ」を「馬尻」と書くのも当時としてはごく一般的であり、「単簡」などは当時の軍隊用語であるなど、漱石固有の当て字や言葉遊びであるということは、漱石以前のすべての資料を確認しない限り、確定はできない。
  • ただし、藤原実資の『小右記』や藤原道長の『御堂関白記』では、安倍吉昌よりも吉平が多く用いられており、安倍晴明の後継者は吉平であるとの認識をされていた可能性は捨てきれない。
  • ただし、藤原実資の『小右記』や藤原道長の『御堂関白記』では、吉昌よりも安倍吉平が多く用いられており、安倍晴明の後継者は吉平であるとの認識をされていた可能性は捨てきれない。
  • 後者の茶袋は本来の用法以外にも、民間風習においても多く用いられており、西日本では結婚式当日の挨拶回りや女性の米寿祝いで近所へ茶袋を配ったり、静岡県伊東市では左義長で吊るしたり、新潟県では「茶袋祭」として左義長で茶袋を焼くといった例が見られる。
  • 尚、近年では安価なキームン紅茶は福建省武夷山の正山小種としても多く用いられており、それがキームン紅茶として流通した場合、非常に煙り臭い。
  • 現に当時の通用楷書で書かれている序文「御製康熙字典序」においては康熙字典本文と異なる字形の楷書体が多く用いられており、本文と序文の間で字形が異なっている。
  • 曳山下層後部に飾られた大彫、上層後方の見越、2枚ずつ4面に飾られた八枚彫、小脇彫などほぼすべての彫物には、細かい細工に金箔や彩色が施され、漆や彫金も多く用いられており大変煌びやかで絢爛豪華そのものである。