多くの文人墨客

29 の用例 (0.00 秒)
  • 栄宝斎を始めとした、筆、硯、墨、紙の文房四宝と印章、書画骨董などを販売する店が立ち並び、多くの文人墨客が訪れることで知られる。
  • 古来より多くの文人墨客にも愛されており、中でも美食家であり芸術家としても知られる北大路魯山人の寓居跡は現在、「いろは草庵」という名前で観光名所となっている。
  • 稲毛浅間神社の周辺に広がる松林の中には別荘風旅館「海気館」もあり、海気館には多くの文人墨客が小説執筆や静養のため訪れていたが、現在は海が埋め立てられて団地が多くなり、保養所等も今はなく、稲毛浅間神社と松林だけが僅かに昔の面影を残す。
  • かつては『千古の明鏡』とうたわれ、志賀直哉や武者小路実篤など、多くの文人墨客が湖畔に居を構えていたそうですがね。 貴志祐介『天使の囀り』より引用
  • 松本城下と善光寺を結び古来から物資は勿論、多くの文人墨客、武人らが通行し、様々な民話や伝説に彩られている。
  • しかしながら、温泉情緒と雄大な渓谷美の自然が調和した温泉として多くの文人に愛され、牧水以外にも太宰治、北原白秋、与謝野晶子など多くの文人墨客が訪れたという。
  • 詩文結社混沌詩社に加わり、多くの文人墨客と交わった。
  • 芙蓉は柳沢淇園や木村蒹葭堂、売茶翁、大典顕常、永田観鵞など多くの文人墨客と交流した。
  • 儒学者の亀田鵬斎、海保青陵や篆刻家の稲毛屋山、漢詩人の菊池五山、書家の巻菱湖など多くの文人墨客と交わる。