多くの文人墨客

29 の用例 (0.00 秒)
  • 多くの文人墨客と積極的に交わり、特に六如慈周とは終生の親交をもった。
  • この石は「烏石」と呼ばれ評判となり、多くの文人墨客が見学に訪れたという。
  • そのような環境の中で董は多くの文人墨客と親交を深めた。
  • 福井県屈指の温泉街として「関西の奥座敷」と呼ばれ、昔から多くの文人墨客に愛されてきた。
  • 西湖の周辺には多くの寺院や道観、別荘や庭園が集まり、多くの文人墨客が訪れている。
  • 多くの文人墨客がここに集い、酒を飲みながら詩作に耽り、政治談義などをした。
  • 幼い時から父に習って画作を続け、居宅に出入する多くの文人墨客に感化され、自然と書画に興味を持った。
  • ここ故郷塚には尾崎紅葉、川端康成ら多くの文人墨客が訪れている。
  • 山陰県に赴任していた王羲之の許に、多くの文人墨客ぼっかくが集まって、曲水のうたげを催した。 夢枕獏『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ四』より引用
  • また人付き合いがよく、酒を好んだこともあり、多くの文人墨客と交流し、当時の詩壇のアイドル的な人気を獲得した。
  • この町には日光との関わりで多くの文人墨客ぼつかくが訪れる。 高橋克彦『だましゑ歌麿』より引用
  • 明治から昭和にかけて、多くの文人墨客が執筆や保養、観光等に訪れ逗留し、波浮港を題材にした作品を残した。
  • 「北に栄宝斎、 南に朶雲軒あり」という言葉があり、多くの文人墨客が訪れることで知られる。
  • 海南島の最南端に近い奇岩の点在する海岸「天涯海角」は風景区として整備され、この地を訪れた清代の多くの文人墨客の詩文が岩に刻まれている。
  • 以後、多くの文人墨客と交わり、詩をよくし画業を研鑽した。
  • 多くの文人墨客が牡丹を愛し、描いてきた。
  • また、日本画、水墨画のモチーフとしてもしばしば用いられ、多くの文人墨客が竹林の持つ独自の繊細なイメージから多くのインスピレーションを受けてきた。
  • 古くから数多くの文人墨客が訪れ、その足跡を残していることでも知られており、島崎藤村の紀行「山陰土産」等にその名が残されている。
  • 蔵屋敷の居宅の一部を画室として「正帆」と命名し、ここで多くの文人墨客と交わった。
  • 古来よりこの地には多くの文人墨客が訪れており、猿丸大夫がこの地で詠んだとされる、「奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の 声きくときぞ 秋はかなしき」という歌は、「百人一首」に書かれており、猿丸大夫の遺跡として伝わっている所に歌碑が立てられている。
  • 次へ »