多くなる

2,256 の用例 (0.01 秒)
  • 敵キャラは少しずつ大型になっていき、倒すのに必要な弾数も多くなる。
  • しかし小悪党の単発仕業しわざにしてはあまりにも被害が多くなってきていた。 雪乃紗衣『彩雲国物語 03 花は紫宮に咲く』より引用
  • 工場の終業時間になったようで、女工員らしい若い女の数が多くなった。 山口瞳『人殺し(下)』より引用
  • それでもやはり一歩か二歩、多くなったり少なくなったりしてしまう。 仁木英之『薄妃の恋 僕僕先生』より引用
  • そのうちに、こちらからかけても、留守でだれも出ないことが多くなる。 梅宮アンナ『「みにくいあひるの子」だった私』より引用
  • だが、そんなことから、しぜん老人は私と話すことのほうが多くなった。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 01』より引用
  • 何しろ銀座の事を書くとなると、思ったより書く事が多くなってしまう。 岸田劉生『新古細句銀座通』より引用
  • げんにこの一般病院と専門病院との『二分傾向』が多くなっております。 松本清張『赤い氷河期』より引用
  • 何度か怒られているうちに室内では座っていることが多くなっていったのだ。 長嶋有『猛スピードで母は』より引用
  • 大阪東部の住宅街で、お米を買いに来る客は、いつもより多くなっていた。 堺屋太一『油断!』より引用
  • むすめが生まれてしばらくしたころ、自分と妻との間でいさかいが多くなってきた。 乙一『さみしさの周波数』より引用
  • 体が楽な上に収入も多くなったので、彼はこのままでは勿体ないと思った。 山本有三『路傍の石』より引用
  • この馬鹿をきたえるためには、必然的にこいつと活動する時間が多くなる。 中村恵里加『ソウル・アンダーテイカー』より引用
  • 女は嫌いではないが、こう急にまわりに女っ気が多くなっても困る。 藤沢周平『よろずや平四郎活人剣(上)』より引用
  • 道子が不機嫌になる日は、京都から帰ってくる以前よりも多くなっていた。 山口瞳『人殺し(下)』より引用
  • きっとそのころには、わたしはもうかみに白いものが多くなっているのだろう。 乙一『失踪HOLIDAY』より引用
  • 自分でもはっきり気付かぬまに、私は会社をなまけることが多くなった。 豊島与志雄『孤独者の愛』より引用
  • 緑が多くなってきて、大きな鯉のぼりをもう出している家が何軒もあった。 夏石鈴子『バイブを買いに』より引用
  • しかし今は地元でも若い人たちの中に踊れない人が多くなってきた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • こうしてヨーロッパ移民が多くなるにつれて次第に姿を消していった。
  • 次へ »