多くなるわけ

18 の用例 (0.00 秒)
  • ゆっくり走るから核との反応のチャンスが多くなるわけだ。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • すると、あなたの手に残る分の差も大きくなるでしょうし、労働者の得る分も多くなるわけです。 トルストイ/中村白葉訳『アンナ・カレーニナ(中)』より引用
  • つまり、それだけチェックされる機会が多くなるわけで、沖縄は軽くみていたのだ。 三好徹『狙撃者たちの夏サミット・コンフィデンシャル』より引用
  • すこしでも早く仕事をすませば、それだけ逃亡とうぼうの時間が多くなるわけですからね。 ドイル『赤髪組合』より引用
  • その割で十八年経つと、ソヴェトの生産は今大威張な工業国アメリカより五倍も多くなるわけなんだ。 宮本百合子『ズラかった信吉』より引用
  • 第二に、自分がなにをしたかを聞かれてしまうと、ヘレン・ローリンと結婚する機会が多くなるわけでもない。 カー/長谷川修二訳『青銅ランプの呪い』より引用
  • しぜん、水は、よどんで腐り、発生する蚊の数も多くなるわけである。 ハーン/斎藤正二訳『怪談(完訳)』より引用
  • すると、あなたの手もとに残る分は前よりも多くなりますし、労働力の受けとる分も多くなるわけです。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • 当然、ここを使うことが多くなるわけだけれど、宝探しに参加を表明している乃梨子ちゃんはその間どうするか、って話ね。 今野緒雪『マリア様がみてる 25 大きな扉 小さな鍵』より引用
  • 昼間だと、どうしてもそこの主婦やお手伝いさんの無聊ぶりようの話し相手になる機会が多くなるわけだ。 松本清張『陸行水行 別冊黒い画集2』より引用
  • 部署の種別などから部下に課されるという業務がマニュアル的、画一的になるならばこのことから部下全員に同じ指導を行っていくということから管理できる人数が多くなるわけである。
  • けっきょく、土地を手に入れれば働く時間が多くなるわけであるし、また阿藍オーランが言ったように、そこは一里以上も離れているのだ。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(1部)』より引用
  • 木の茂れば、風当たりの強くなるのは当然のことですが、風当たりが強くなればそれだけ、木にとっては心配が多くなるわけです。 小酒井不木『深夜の電話』より引用
  • これだと、まだ成魚になっていない小さな魚は網にかからず、それだけ生き延びるチャンスも多くなるわけだ。 ニコル『C・W・ニコルの旅行記』より引用
  • ということは、つまり無駄な走りが多くなるわけで、面白がる暇もなく私たちはあえぎ始め、すぐさまへとへとに疲れた。 佐野良二『われらリフター』より引用
  • それゆえに、筮者の方が経験に富み、識見に長ずる人ならば、その判断のあたる割合が多くなるわけじゃ。 井上円了『迷信解』より引用
  • それだけに、幕府が取潰しを狙うことも多くなるわけだが、もし、酒井但馬守の狙いが、それならば、かえって、防ぎやすいかも知れぬと、半左衛門は思う。 西村京太郎『無明剣、走る』より引用
  • が、土日も働きますと言うと、そのぶん「実働日数」が多くなるわけだから、「年収」を「実働日数」で割って出す「一日あたりの収入」は少なくなる。 岸本葉子『家にいるのが何より好き』より引用