多くっ

全て 形容詞
47 の例文 (0.00 秒)
  • 多と一とが相互否定的に一となる、作られたものから作るものへである。 ...
  • それよりはいかに最もよく横に匍うべきかを研究したほうが利益が多い。 ...
  • 弁護士という職業の人にとって、これは有利に作用する場合が多かった。 ...
  • 町へ使いに行くことは多かったが、本屋は注意に入らないで過ぎてきた。 ...
  • 死んだ人々のうちに婦人の多いということも、注意に値すると思われた。 ...
  • 高級軍医である自分を最も危険の多い北口地区に出そうと言うのは何か。 ...
  • 一から多へというに対して、多から一へということでなければならない。 ...
  • 一から多へというに対して、多から一へということでなければならない。 ...
  • 子供等はかえってそんな事には敏感で悲しい場合が多いと私は思います。 ...
  • しかしながら、その代りに子供の死亡者の多かったのもまた事実である。 ...
  • 多と一との矛盾的自己同一的過程として行為的直観的でなければならない。 ...
  • そしてその変化は、交通の範囲が狭いだけそれだけ多かるべき訳である。 ...
  • 時は多と一との矛盾的自己同一として成立するということができる。 ...
  • 彼はクールフェーラックの家にいるよりも雲雀の野にいる方が多かった。 ...
  • だから、成功することも多かったけれど、失敗することもまた多かった。 ...
  • ちょうど日露戦争の頃でもあるから、自然戦争に関する画面が多かった。 ...
  • また子供のためにという文化も、ただ子供を利用したものが多かった。 ...
  • 次へ