多く

全て 名詞 形容詞
262,345 の用例 (0.02 秒)
  • すると多くの場合に通信が現れるが、しかし必ずしも当てにはならない。 モーゼス・ウィリアム・ステイントン『霊訓』より引用
  • 多くの話のうちに明日行くべきおみつさんに関しての話はこうであった。 伊藤左千夫『紅黄録』より引用
  • 多くはないが、こうした自然のとらえ方が意識されてきているのである。 風巻景次郎『中世の文学伝統』より引用
  • そうと感づいていたら彼はもっと多くのことを水戸に質問したであろう。 丘丘十郎『地球発狂事件』より引用
  • フランスの戦争の画は敗北の図多く、ドイツの戦争の画は勝利の図多し。 井上円了『欧米各国 政教日記』より引用
  • 残る下歯六枚については、余り多くの思い出を作りたくないものである。 岡本綺堂『綺堂むかし語り』より引用
  • 多くの人はこれをもって二つの道を一つの道になしえた努力だと思っている。 有島武郎『二つの道』より引用
  • 他の馬車は二頭ないし多くても四頭なのに、六頭の馬がつながれていた。 ドイル・アーサー・コナン『緋のエチュード』より引用
  • それが日一日と数が多くなつて行く、時間も長く続く様になつて行く。 石川啄木『菊池君』より引用
  • 例の巨人の顔は前よりも多く、この建物の端から端までのがみんな見えた。 大杉栄『獄中記』より引用
  • 雷は人間の死の原因になるよりももつとずつと多く生きる為めのもとになる。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • この場面は夢などではなく、多くの人々の正しい記憶の内側にあるはずだ。 市川陽『放課後のロックンロール・パーティ』より引用
  • 彼女かのじょは、ある工場こうじょうまえでは、おおくの女工じょこうはたらいているのだとおもいました。 小川未明『星の子』より引用
  • 体に食べ物や薬を与える上で、多くの人が色々な苦労を重ねてきました。 キャロル・ルイス『心を養う』より引用
  • 遠い地方の田舎へやられるのは、多くはそうであったのかも知れない。 大杉栄『自叙伝』より引用
  • また高橋は美術といふものに多くの同情を有つてゐる男とも見えなかつた。 石川啄木『我等の一団と彼』より引用
  • かくして吾人は社会問題の解決に協力する多くの男女を見るのである。 ケイ・エレン『恋愛と道徳』より引用
  • 敵がだんだんに多くなったので、犬もとうとう追い散らされてしまった。 岡本綺堂『玉藻の前』より引用
  • 自分はトルストイに學ばなければならぬ極めて多くのものを持つてゐる。 阿部次郎『三太郎の日記 第三』より引用
  • 今は国と国との戦争は多く自分の国の利益のために戦うものと思っております。 石原莞爾『最終戦争論』より引用
  • 次へ »

多く で始まる単語