多い土壌

23 の用例 (0.00 秒)
  • 地名の由来は、紀伊国坂と赤土が多い土壌に幾多の坂があることの二説ある。
  • 江刺は昼と夜の温度差が大きく、石灰とリン酸分の多い土壌が広がっている。
  • 州の東半分は大西洋岸平原にあり、大変平坦な地形と砂や泥の多い土壌である。
  • バンクシアの多くの種は砂質の土壌でよく生育し、他のものは岩の多い土壌を好む。
  • 砦はスポンジのようなヤシの木材で構築されていたことと砂の多い土壌だったために海上からの砲撃はほとんど効果が無かった。
  • 黒ボクグライ土は地下水位の高い地域に多い土壌で全層または下層がグライ化している。
  • 氷河の影響を受けなかったことで、土壌は砂や泥がおおく、北方や北東に見られる岩の多い土壌とは異なっている。
  • 土壌中の個体数は、昆虫のトビムシ類と並び、最も数が多い土壌動物のひとつである。
  • 多湿黒ボク土は排水の悪い地域で多い土壌で下層に地下水等の影響による斑紋がみられる。
  • 砂の多い土壌と新しいタバコ煙道で乾燥できることは、農夫やタバコ加工者にとって大きな利益になることが分かった。
  • 生育には湿気の多い土壌が適しているが、畑地にも生え、難防除雑草である。
  • 巣穴は浅く岩の多い土壌にあり、広範囲に渡る。
  • 赤土が多い土壌から、この名がついた。
  • その後間もなく柑橘類農家が岩の多い土壌を活かしてレモンやオレンジを植え始めた。
  • また、塩トマトがあるが、これは熊本県八代地域の干拓地など塩分の多い土壌で育成されたトマトの内、特別に糖度が高いものを指す。
  • 水分の多い土壌を好み、よく川岸や湿地などに、生えている。
  • 強酸性高アルミニウム条件にて選抜されてくる菌はほとんどが糸状菌であり、従ってアルミニウムの多い土壌ではこれらの生物が優占していると考えられる。
  • サンゴ礁付近の岩礁海岸や砂浜は石灰分を多く含むので、石灰分の多い土壌に適応した特有の植物が自生する。
  • たとえば微生物が多い土壌に豊富な化学肥料を与えると土壌微生物が分解して窒素酸化物を放出する例が知られている。
  • 湿度の高い草地や落葉の多い土壌、道端の側溝など、日当たりの悪い湿った場所を好む。
  • 次へ »