多々良

全て 名詞
308 の用例 (0.01 秒)
  • 多々良谷家当主の食事量が、望とおなじレベルだったことが幸いだった。 西野かつみ『かのこん 第10巻 ~おわりのはじまり~』より引用
  • 旧多々良村・多々良町に属する地域に関しては多々良町を参照のこと。
  • 建武3年、父・朝祐が多々良浜の戦いで戦死したため、家督を継いだ。
  • 前記多々良と呼ばれている地に、中世まで多々良村というのがあった。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 02』より引用
  • それが示すとおり、多々良谷家の仕事は、武具、法具の開発であった。 西野かつみ『かのこん 第07巻 ~さよなら、オオカミ~』より引用
  • 白鳥をはじめとする多々良沼付近の環境保護が地元住民の課題となっている。
  • 町の北部を多々良川が東西に流れ、南部~西部を須恵川が北西方向に流れている。
  • ジョニー多々良谷は、腕を組んだまま、前を向いたまま、そう答える。 西野かつみ『かのこん 第10巻 ~おわりのはじまり~』より引用
  • 「こわい顔をしてはいりました」と返事をして多々良君の方を見る。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用
  • 「そうですか、わたしぐらいなものですか」と多々良君まじめである。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用
  • 「きらいでないのは奥さんだけですか」と多々良君柄がらに似合わぬ冗談を言う。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用
  • 例えば、多々良浜の戦いは地名と時代の要素を用いて曖昧さを回避しています。
  • これが多々良氏の初見であり、この頃すでに在庁官人として大きな勢力を持ち始めたと推定される。
  • その後多々良駅は1954年3月5日に、競輪場前駅へと名称変更された。
  • 第三夜の十四日の夜もの刻を過ぎた頃に、第四組が多々良川のほとりで初めて物の影を認めた。 岡本綺堂『馬妖記』より引用
  • ところで、白木といい多々良という、それはいったいどういうところなのか。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 02』より引用
  • 多々良浜の戦いは、南北朝時代の1336年に行われた合戦である。
  • 森に包まれた神祠が西の台地にまつられ、一般に多々良ノ宮といった。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 02』より引用
  • 伊万里湾に接しており、多々良海岸沿いには木須川が流れ込んでいる。
  • 現にその記録にも妖馬は海に近いところで沈んでしまったと書いてあって、その当時も多々良川が海につづいていたことは容易に想像される。 岡本綺堂『馬妖記』より引用
  • 次へ »

多々良 で始まる単語