多々良島

全て 名詞
9 の用例 (0.00 秒)
  • 自らの意思で自由に動かせる長い帯状の葉を使って動物をからめとって血液や体液を吸収する肉食植物で、多々良島やジョンスン島に生息が確認されている。
  • 火山活動のために無人島になっていた多々良島に生息する怪獣としてチャンドラーやマグラーらと共に登場する。
  • 劇中ではレッドキングやマグラー、ピグモンなど他の怪獣とともに多々良島に棲息しており、島の火山活動によって復活した太古の生物と設定されている。
  • 多々良島には他にレッドキングやチャンドラーなどの怪獣が生息しており、地中から現れたところでチャンドラーを倒したレッドキングを目の当たりにし、恐れをなして再び地中に逃げる。
  • 第8話では多々良島に住んでおり、怪獣達に襲われた測候所員の松井を助けるが、その後レッドキングに岩を投げつけられ命を落とす。
  • 周囲には、北東に久賀島、東には多々良島・屋根尾島・蠑螺島、東の沖には椛島・ツブラ島、南に赤島・黄島・黒島、西に島山島・嵯峨ノ島、北西に姫島など多くの島がある。
  • ジョンスン島に現れたゴモラの遺伝子を取り込み、多々良島でレッドキングと同化する。
  • ドキュメントSSSPに2件、ドキュメントUGMに1件記録が確認されており、多々良島に現れた黒ずくめの男が操るガディバが同化して現れる。
  • 多々良島に生息する。