多々良山

全て 名詞
5 の用例 (0.00 秒)
  • 新井田川の源流は、岩手県久慈市地先の多々良山と、平庭峠の二箇所である。
  • 元長州藩士で、当時内務大臣であった井上馨が、多々良山の南麓に場所を選定したとされる。
  • 明治3年に多々良山周辺を買収してそこに多々良御殿を建設し、上京する時以外は、その生涯のほとんどをこの御殿で過ごした。
  • 天神山は、防府市のほぼ中央に位置し、北西側に佐波川が流れ、北東側は多々良山や矢筈ヶ岳に連なる。
  • 本国衙跡は、多々良山の南に広がる沖積段丘に立地し、そこは防府平野のほぼ中央にあたる。