多々宮

10 の用例 (0.00 秒)
  • そこで、翌日中に国立へ帰ればいいという多々宮を連れて行くことにした。 山口瞳『酔いどれ紀行』より引用
  • 申しわけがなかったのだけれど、多々宮は私の荷物の半分を持って帰った。 山口瞳『酔いどれ紀行』より引用
  • 多々宮は、よし、こんどは一人で来るぞ、きっと来るぞと言った。 山口瞳『酔いどれ紀行』より引用
  • それで、私は、多々宮の言ったことを思いだした。 山口瞳『酔いどれ紀行』より引用
  • 多々宮は、いけないほうの口である。 山口瞳『酔いどれ紀行』より引用
  • 多々宮が藺草の本場へ行かないという手はない。 山口瞳『酔いどれ紀行』より引用
  • 翌朝、多々宮に聞いてみると、パラオはベッドの上で正座して、どうなるのかと見ていると、そのまま飛びあがり、毛布にくるまって、すぐに眠ったという。 山口瞳『酔いどれ紀行』より引用
  • すると、多々宮が、こう言った。 山口瞳『酔いどれ紀行』より引用
  • 多々宮は、しぶしぶ、承諾した。 山口瞳『酔いどれ紀行』より引用
  • イマヰ画廊へ行き、少餡、多々宮、国立のケネディ、備前のフォックス、蛭田ひるた氏、ガンバリスト・ジュニヤ、松ちゃん・エリクソンなどに会う。 山口瞳『酔いどれ紀行』より引用