外郭防衛線

10 の用例 (0.00 秒)
  • 間にある段丘と河原に家臣の屋敷をおいて外郭防衛線とし、この地区を川内と呼んだ。
  • 第1段階の攻撃は2日目も航空機と装甲車両の支援を受けながら続き、ドイツ軍外郭防衛線の最後の防衛拠点もチャーチル・クロコダイルの投入を恐れて、ついには14時00分過ぎに投降した。
  • ほぼ同時期にロンメルもトブルクに対する攻勢作戦を計画していて、国境地帯に配備していた部隊は現状のままとし、トブルク外郭防衛線の南東部に対して空軍の爆撃と砲兵部隊による支援砲撃を加えながら装甲部隊を集中的に用いて攻略する計画だった。
  • これら部隊の抵抗は組織化されてはいなかったが、極めて頑強で、またソウルの外郭防衛線の部隊はなお組織的に抵抗を続けており、北朝鮮軍は彌阿里線を突破したのちさらに漢江線に進出するまでに10時間を要するほどであった。
  • 戦線は、スターリングラード外郭防衛線の南部正面を担当し、敵のヴォルガ川への突破の阻止を任務とした。
  • その中で漢江の橋梁が過早に爆破されたことで、巻き込まれた多くの避難民が犠牲となった上に、これによってソウルの外郭防衛線で戦闘中であった韓国軍の退路は遮断され、組織的な後退に多大な支障を来たし、韓国軍主力部隊の戦闘価値は一時的に著しく低下した。
  • 中野師団長は、連合軍の兵力増強は道路が完成すれば急速に進むと判断し、その前にサラモアの外郭防衛線を確保すべく、自らムボの第一線へ前進した。
  • 参道に沿って堀が設けられ南面は石垣積みであったとする史料があり、参道とは言うものの、有事の際にはいずれも周囲に堀を構えた城砦となる瑞龍寺と墓所とを繋いで、高岡城南方の外郭防衛線となるべく造成されたものと考えられている。
  • この時点で、韓国軍の主力である第2、第3、第5、第7師団と首都防衛司令部の部隊は依然としてソウルの外郭防衛線において戦闘を継続中であり、また、第1師団は坡州南側の陣地を固守し、小規模な反撃を繰り返すことで北朝鮮軍の攻勢を阻止し続けていた。
  • 漢江の橋梁が爆破された時点で、韓国軍の主力である第2、第3、第5、第7師団と首都防衛司令部の部隊は、依然としてソウルの外郭防衛線において戦闘を継続中であり、また、第1師団は坡州南側の陣地を固守し、小規模な反撃を繰り返すことで北朝鮮軍の攻勢を阻止し続けていた。