外郎

全て 名詞
159 の例文 (0.01 秒)
  • 一部の列車に、当駅から名物のういろうを売る人が乗り込むことがある。 ...
  • また、防腐剤を使用しない生ういろうであるため、あまり日持ちしない。 ...
  • またその最終の官名が尚書都官員外郎であったため、梅都官と呼ばれる。 ...
  • 白いういろうの上部に、煮た甘い小豆をのせて、三角に切った物である。 ...
  • 現在も外郎家が経営する薬局で市販されているが、購入には専門の薬剤師との相談が必要である。 ...
  • 鈴木の奥さんを訪ねてビールをよばれる、湯田の湯はよいな、外郎はうまいな。 ...
  • お母さんはお土産のういろうをおわたしになりました。 ...
  • 鯨羊羹はその形を模したもので、白いういろうの上に羊羹の薄い皮が載っている。 ...
  • 御堀堂は、山口県山口市にある、ういろうの製造・販売を手がける企業。
  • 刑部員外郎に就任していた時、万騎将軍の馬崇が殺人をおかした。 ...
  • 先月だか先々月だかたまたま、「ういろう」のはこを下げてやって来たのである。 ...
  • そのためういろうを菓子として販売する業者としては餅文総本店が全国最古の老舗である。 ...
  • 確かこの人は今、ういろうを作っているはず。 ...
  • ういろうはデコボコした内容に仕上げられ、脂肪の部分を上手く再現している。 ...
  • これは二代目市川團十郎が薬の世話になったお礼として創作したもので、外郎家が薬の行商をしたことは一度もない。 ...
  • 「ウイロウかと思いました」 「よく言われます」 赤柳は帽子を被り直した。 ...
  • 「ういろう」はかつて黒砂糖で作られる事が多かったが、現在では上白糖を使うことも多い。 ...
  • 次へ