外角低め

57 の例文 (0.02 秒)
  • 外角低めの球をベースにしながら、それを活かすためにも内角を有効に使う事を重視していた。 ...
  • 外角低めを中心にリードする事を基本に投手を導いている。 ...
  • このことから投球内容が外角中心となっていたが、逆にその中で、外角低めへの直球が武器へと成長していった。 ...
  • ツー・スリーまでいったが、最後は、また外角低めを振らせて三振に取った。 ...
  • 外角低めいっぱいをねらった球が、ことごとく内側にずれていた。 ...
  • とにかく外角低めにビシビシと決まる直球に全然手が出なかった。
  • しかし、この過酷な練習のおかげで、一軍に昇格した頃には目を瞑っていても外角低め・内角低めに思うままに投げられるようになっていたという。 ...
  • 松山商の捕手・石丸は外角低めのスライダーでボールになる球を要求するも、新田は首を振った。 ...
  • 右の本格派で外角低めの速球に威力があり、この球でカウントを有利にした後、切れの鋭いシュートで勝負した。 ...
  • 二番バッターにはツー・スリーまでいったが、外角低めのストレートを空振りさせた。 ...
  • シーズンに入ると、外角低めの変化球をことごとく空振りして三振を量産した。 ...
  • 追いこまれたところへ外角低めがきて、バットの先っちょを当てるとファーストゴロになった。 ...
  • 旧制中学時代野球部に所属していた愛知揆一が文部大臣時代に行った始球式では、外角低めにストライクとなる球を投げた。 ...
  • 一球目、二球目と星野は、外角低めに速球を投げ込んだ。 ...
  • また、右方向へのバッティングも多く、普通の選手なら絶対に手を出さないような外角低めのスライダーを、右足を引きつつ腰砕けの状態で左手1本で外野手の前に運ぶこともしばしばあった。 ...
  • 藤浪自身も、対戦の機会が少ない割に外角低めのベストボールを左中間と右中間に運ばれたことを理由に、「自分の中ではデニングが最強」と評価している。 ...
  • 「変化球なんか投げれるかい」と振りの早い投球フォームから繰り出すストレート一本で勝負したが、故障してからはアウトドロップと呼ばれた外角低めにコントロールされた鋭いカーブを交えた投球に移行した。 ...
  • キャッチャーは外角低めいっぱいのスライダーを要求する。 ...
  • 外角低めにズバーンと投げて、審判が『ストライク』と言うでしょ。 ...
  • この打席では、これまでの野球人生で『困ったら外角低めに投げろ』という投球術が野球のセオリーと言われてきたため、このセオリーがメジャーでは下位打者にすらまったく通用しなかったことに強いショックを受けたという。 ...
  • 配球の読みがうまく、インコースに強さをみせるが、2012年は外角低めを全く打てなかった。 ...
  • 「外角低めにファーストボールを集める」「8割の力で投げ、球数を多く」を信条に、数多くの選手を育成・復活させてきた。
  • 西鉄では阪急から移籍してきた阿部八郎と共にワンポイントリリーフとして活躍が期待されたが、夏頃から外角低めのスライダーが曲がらずに甘く入るようになる。 ...
  • しかし、外角低めの変化球への弱さや引っ張り一辺倒の打撃を見抜かれると、打率が1割台に落ち込むなど日本の投手への適応に苦労した。 ...
  • 巨人のON砲相手に臆せずして頭脳をフル回転し、外角低めのストレートで圧巻の三振に仕留めた。 ...
  • そして次の球が外角低めに決まり、ゲームセットかと思った野村が腰を浮かせたところ、球審・円城寺満はボールの判定。 ...
  • 捕手マーティンはチェンジアップを外角低めのストライクゾーンから外れた位置に要求し、エストラーダはバウンドさせるつもりで球を投じた。 ...
  • 特にラルフ・ブライアントのスイングの速さは衝撃を受けるほどで、外角低めの投球が強烈なピッチャーライナーになるほどだった。 ...
  • 次のページ